本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

好きな著者の商品情報をメールでお届け!アーティストメール!

ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望か

中公新書
著者: 水島治郎  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:中央公論新社
発売日: 2016年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):885円
いま世界中でポピュリズムが猛威を振るっています。
「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義を蝕む悪しき存在と見なされがちなポピュリズム。しかし、ラテンアメリカでは少数のエリートによる支配から人民を解放する力となりました。
またヨーロッパでは、ポピュリズム政党の躍進が既成政党に緊張感を与え、その改革を促す効果も指摘されています。現代のポピュリズム政党は、リベラルな価値、民主主義のルールを前提としたうえで、既成政治を批判し、イスラム移民の排除を訴えており、ポピュリズムの理解は一筋縄ではいきません。
本書は各国のポピュリズム政党・政治家の姿を描き、「デモクラシーの影」ともいわれるその本質に迫ります。 

この商品の説明

イギリスのEU離脱、反イスラムなど排外主義の広がり、トランプ米大統領誕生…世界で猛威を振るうポピュリズム。「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義の脅威と見られがちだ。だが、ラテンアメリカではエリート支配から人民を解放する原動力となり、ヨーロッパでは既成政党に改革を促す効果も指摘される。一方的に断罪すれば済むものではない。西欧から南北アメリカ、日本まで席巻する現状を分析し、その本質に迫る。

著者/アーティスト

著者: 水島治郎

目次

第1章 ポピュリズムとは何か;第2章 解放の論理―南北メリカにおける誕生と発展;第3章 抑圧の論理―ヨーロッパ極右政党の変貌;第4章 リベラルゆえの「反イスラム」―環境・福祉先進国の葛藤;第5章 国民投票のパラドクス―スイスは「理想の国」か;第6章 イギリスのEU離脱―「置き去りにされた」人々の逆転劇;第7章 グローバル化するポピュリズム

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:244p
  • 大きさ:18cm
  • 出版社:中央公論新社
  • ISBN-10:4121024109
  • ISBN-13:9784121024107

ユーザーレビュー

    ポピュリズムとは何か 民主主義の敵か、改革の希望かへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!