本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

歓喜の仔(上)

著者: 天童荒太  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:幻冬舎
発売日: 2012年11月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):1,620円
父は多額の借金を残して消えた。母は心を病み植物状態になった。三兄妹は犯罪に手を染めても、生き延びる道を探す。

 吉丘誠、正二、香は、東京北部の三つの区が重なり合った地域に住む三人きょうだい。
 一年前、父・信道は多額の借金を抱えて突然姿を消してしまった。その直後、母・愛子はアパートの窓から発作的に飛び出し大怪我を負い、意識不明で寝たきりになってしまう。以来、きょうだいの日々は一変した。
 ロックが好きだった長男の誠は音が聞こえなくなった。父の借金を返しながら家族を養うため高校を中退し、早朝は野菜市場、昼から晩は中華料理屋、深夜は覚醒剤のアジツケの内職をしている。暴力団組織の斉木には引っ越しを手伝わされ、高平には密入国者を海から引き揚げる作業に駆り出され、さらに内職のノルマを増やされ疲れ果てる誠。
 絵を描くのが得意で甘えん坊だった小学校六年生の次男・正二。事件後、風景から一切の色が消えてしまった。寝たきりの母のおむつや体位を変えるのは正二の役目だ。だが自分の洗濯や入浴はままならず、通っている小学校でも「くさい」といわれクラス全員から無視されている。
 見えないものが見える長女の香は、朝八時、兄の正二に連れられて幼稚園に通園するが、女子学生専用アパート前の電信柱で必ず足を止める。理由は、正二にも分からない。ものの臭いを感じられなくなってしまった香だが、押し入れの前で「くさい」と呟く。
 背負いきれないほどの現実がのしかかった仔らは、怒りや悲しみを押し殺し、生き延びるため心を閉ざしてきた……。

※2012年11月現在のものです 

こちらもチェック!

歓喜の仔(下)
書籍
価格(税込):1,620円/ Tポイント:37pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

愛も夢も奪われた。残されたものは、生きのびる意志だけだった。『永遠の仔』『悼む人』を経て、天童文学はここまで進化を遂げた。日本の現実を抉り、混迷する世界と繋がり、私たちの魂を源から震憾させる金字塔、ここに。

著者/アーティスト

著者: 天童荒太

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:268p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344022874
  • ISBN-13:9784344022874

ユーザーレビュー

    歓喜の仔へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!