本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

好きな著者の商品情報をメールでお届け!アーティストメール!

この商品について

ジャンル
書籍
作品シリーズ名
中公新書ラクレ
作品情報
逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考

中公新書ラクレ
著者: 馬田隆明  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:中央公論新社
発売日: 2017年3月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):885円
だから東大生は「スタートアップ」を学んでいる

爆発的成長を遂げる組織を指す「スタートアップ」。起業や新規事業が求められる今、その方法論は高い価値を持ち、「日本が健全な社会を維持するために不可欠」と著者は主張する。なぜ今スタートアップが必要とされるのか?なぜ東大生はそれを学んでいるのか?今こそ逆説的で反直観的な思考法で革新せよ!孫泰蔵氏推薦。

【目次】

前章スタートアップとは
スタートアップとは/なぜスタートアップなのか/「スタートアップ思考」が体系化され始めた/サバイバルするためのスタートアップ思考/健全な社会のためのスタートアップ

1章アイデア-「不合理」なほうが合理的
スタートアップとは「反直観的」である/「不合理」なほうが合理的/「悪く見えるアイデア」を選ぶとはいえ/「難しい課題」のほうが簡単/ソーシャルインパクトの重要性/「面倒な仕事」を選ぶ/「説明しにくいアイデア」を選ぶ/りよいものではなく「異なるもの」を/「反領域的な課題」へおもちゃのような解決策を/今はまだ「名状しがたい何か」/考え出すのでなく「気付く」/急速な変化は「徐々に始まる」/「WhyNow?」/着目すべきは「劇的に変化するテクノロジ」/インベンションから「イノベーション」へ/スタートアップは「べき乗則」である/ヒットではなく「ホームラン」/「ビジョン・ミッション・ストーリー」の重要性/「未来の仮説」としてのスタートアップ/この章のまとめ

コラムアイデアのチェックリスト

2章戦略-小さな市場を独占せよ
競争ではなく「独占」/競争は「偏る」/独占が消費者へ提供する「メリット」/独占の「条件」/「イノベーションのジレンマ」を利用する/「小さい市場」を狙う/「急成長する市場」を狙う/「長く」独占する/「徐々に」広げる/競争したら「負け犬」/先行者利益よりも「終盤を制すること」/価値の大きさと価値の割合は「独立」している/独自の「価値」と独自の「やり方」/「何しないか」決める/「最高」を目指さない/戦略は「実践」から生まれる/この章のまとめ

コラム大企業でアイデアを守る仕組みの重要性

3章プロダクト-多数の「好き」より少数の「愛」を
製品が通る道/「欲しがるもの」を作る/「製品以外」もプロダクト/プロダクト体験は「仮説の集合」/「今日はどうやってプロジェクトを殺そう」/顧客自身も「分かっていない」/多数の好きより「少数の愛」/とにかく「ローンチ」/「スケールしないこと」をする/でも「成長率」を追う/「継続率と離脱率」で愛を測る/「口コミ」で愛を測る/「マジックモーメント」は一刻も早く/「メトリクス」を追跡する/メトリクスが従うのは「ビジョン」/メトリクスは「一つ」/追跡は「徹底的に」/「サポート」は製品開発だ/これから必要なのは「カスタマーサクセス」/「セールス」も製品開発だ/セールスは「聞く」こと/「ディストリビューション」がボトルネック/実行方法を「ハック」する/最後のプロダクトは「チーム」/この章のまとめ

コラムスタートアップはモメンタムを失ったら死ぬ

4章運-それはコントロールできる
起業家の「リスク」とは/「バーベル戦略」でブラック・スワンを回避する/「アンチフラジャイル」に賭けろ/「回数と速度」はコントロールできる/「量」が「質」を生む/「損」は怖い?/「大きな負け」を避ける/「助け合う」こと/この章のまとめ

コラム東大生とスタートアップ

終章逆説のキャリア思考
スタートアップ思考をキャリアに組み込む/人生におけるバーベル戦略とアンチフラジャイルの価値/偶然性、不確実性、ランダム性、ボラティリティ/キャリアのランダム性/スタートアップは安易にお勧めできない/スタートアップのことなんて知らなくていい/やりたいことはやってみないと分からない/まずはサイドプロジェクトから/逆説のスタートアップ「試行」

など





著者について

馬田隆明
東京大学産学協創推進本部、東京大学本郷テックガレージ・ディレクター。UniversityofToronto卒業後、日本マイクロソフト株式会社にてVisualStudioのプロダクトマネージャ、テクニカルエバンジェリストとして数多くのベンチャー企業を対象に、技術面とビジネス面での支援を行う。現在は東京大学にて学生や研究者のスタートアップ支援活動に従事。

※2017年2月現在のものです 

この商品の説明

爆発的成長を遂げる組織を指す「スタートアップ」。起業や新規事業が求められる今、その方法論は高い価値を持ち、「日本が健全な社会を維持するために不可欠」と著者は主張する。なぜ今スタートアップが必要とされるのか?なぜ東大生はそれを学ぶのか?逆説的で反直観的な思考法であなたも革新せよ!

著者/アーティスト

著者: 馬田隆明

目次

前章 スタートアップとは;第1章 アイデア―「不合理」なほうが合理的;第2章 戦略―小さな市場を独占せよ;第3章 プロダクト―多数の「好き」より少数の「愛」を;第4章 運―それはコントロールできる;終章 逆説のキャリア思考

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:269p
  • 大きさ:18cm
  • 出版社:中央公論新社
  • ISBN-10:4121505786
  • ISBN-13:9784121505781

ユーザーレビュー

    逆説のスタートアップ思考へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!