本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

黒澤明と小林秀雄

「罪と罰」をめぐる静かなる決闘
著者: 高橋誠一郎  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:成文社
発売日: 2014年7月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):2,700円

この商品の説明

なぜ映画“夢”は、フクシマの悲劇を予告しえたのか。1956年12月、黒澤明と小林秀雄は対談を行ったが、残念ながらその記事が掲載されなかったため、詳細は分かっていない。共にドストエフスキーにこだわり続けた両雄の思考遍歴をたどり、その時代背景を探ることで「対談」の謎に迫る。

著者/アーティスト

著者: 高橋誠一郎

目次

序章 「シベリヤから還つた」ムィシキン―小林秀雄のドストエフスキー論と黒澤明;第1章 映画“白痴”の魅力と現代性―戦争の「記憶」と洞察力;第2章 映画“生きものの記録”と長編小説『死の家の記録』―知識人の傲慢と民衆の英知;第3章 映画“赤ひげ”から“デルス・ウザーラ”へ―『白痴』のテーマの深化;第4章 映画“夢”と長編小説『罪と罰』―知識人の「罪」と自然の「罰」

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:302p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:成文社
  • ISBN-10:4865200053
  • ISBN-13:9784865200058

ユーザーレビュー

    黒澤明と小林秀雄へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!