本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

学校ハラスメント

暴力・セクハラ・部活動-なぜ教育は「行き過ぎる」か
朝日新書
著者: 内田良  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:朝日新聞出版
発売日: 2019年3月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):874円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

なぜ教育では、問題が見えにくいのか。そして、問題の加害者は「教師」だけなのか―。巨大組み体操、体罰、スクール・セクハラ、ブラック部活動、教師への暴力、いじめ件数の格差…「教育・指導の一環」「指導力の欠如」を理由にかき消されていく、学校を舞台とした「リスク」に、気鋭の教育社会学者が切り込む。

著者/アーティスト

著者: 内田良

目次

はじめに 加害者/被害者を解体する;第1章 殴っても「教育」―暴力を容認する指導の論理;第2章 巨大組み体操の教育的意義―「痛い」を禁句とする学校の暴走;第3章 スクール・セクハラの過去と現在―「教育」との連続性がありえた時代;第4章 部活動顧問の嘆き―「やって当たり前」の悲劇;第5章 教師の暴力被害―殴られるのは指導力不足のせい!?;第6章 「問題行動」を読解するためのリテラシー―いじめの件数は少ないほうがよい!?;おわりに 教育を語るために教育から抜け出る

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:237p
  • 大きさ:18cm
  • 出版社:朝日新聞出版
  • ISBN-10:4022950129
  • ISBN-13:9784022950123

ユーザーレビュー

    学校ハラスメントへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!