本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

石原莞爾-愛と最終戦争 再発見 日本の哲学

講談社学術文庫
著者: 藤村安芸子  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:講談社
発売日: 2017年3月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):1,015円
「再発見日本の哲学」は、近代日本を建設する上で、その思想上の土台となった思想、哲学を、改めて問い直すシリーズです。
学術文庫収録も、いよいよ10冊目になりました。

石原莞爾は、満州事変の首謀者の一人として知られています。
また、『最終戦争論』を唱え、東洋と西洋が最終的に戦争をして世界を統一する、というような、今から見れば悪しき軍部の理論的支えと聞こえるような主張をしています。

ただし、石原は、何の思想もない軍国主義者ではありませんでした。
軍事研究と法華経研究が、二つのバックボーンとなって、彼の思想は展開していきます。
それが、最終的には、戦争放棄に行き着く。

それは、単なる変節なのでしょうか。
著者はそこに一貫する彼の哲学を見通します。

近代日本と密接に関係する彼の哲学を解明する本書は、テロの世紀、戦争の世紀を迎えている現在のわれわれにとって、必読と言えます。



著者について

1971年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士〈文学)。専攻は、倫理学、日本倫理思想史。現在、駿河台大学教授。主な著書に『仏法僧とは何か――『三宝絵』の思想世界』、論文に、「『風景』と『人生』――柳田国男の紀行文をめぐって」など多数。 

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

関東軍参謀として「満州事変」を主導した石原は、昭和十五年には『世界最終戦論』を公刊。王道の東洋文明と、覇道の西洋文明との最終戦争を唱える。その背景には、軍事研究と日蓮信仰が相携わっていた。そして敗戦後の戦争放棄論。では世界統一とは何なのか。近代日本と法華経の関係をどう捉えるのか?変転の中に一貫する哲学を照射する。

著者/アーティスト

著者: 藤村安芸子

目次

第1章 真理と正義と世界統一;第2章 戦争と仏教;第3章 最終戦争論;第4章 王道と戦争放棄

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:267p
  • 大きさ:15cm(A6)
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062924005
  • ISBN-13:9784062924009

ユーザーレビュー

    石原莞爾-愛と最終戦争 再発見 日本の哲学へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!