本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか

取材現場からの自己検証
集英社新書
編者: 危険地報道を考えるジャーナリストの会  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:集英社
発売日: 2015年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):820円
「イスラム国」事件以降、萎縮するメディアに危機感を募らせるジャーナリストたちが立場や媒体を超えて集結。海外取材最前線の体験を踏まえ、「誰かが”そこ”へ行かなければならない」と訴える。

※2015年11月現在のものです 

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

「イスラム国」による後藤健二氏、湯川遥菜氏の人質・殺害事件以降、「そんな危険な所へ行く必要があるのか」という世論に乗じて、政権は露骨な報道統制に踏み出し、メディアは萎縮してしまった。危機感に駆られたジャーナリストたちが、フリーランス、新聞社、通信社、テレビ局など立場や媒体を超えて本書に集結。海外取材の最前線に立ってきた体験を踏まえ、これまでの「事故」をシビアに自己検証し危険回避の具体的方策を提示するとともに、「それでも、誰かが“そこ”へ行かなければならない」と訴える。

著者/アーティスト

編者: 危険地報道を考えるジャーナリストの会

目次

第1章 後藤健二氏の人質・殺害事件がもたらした影響;第2章 ジャーナリストは「戦場」でどう行動したのか(紛争地を抱える中東の事実を見る「目」の役割;“イスラム国”取材、その一部始終;戦場の人々を見つめるまなざし;通信社の記者は、最後まで残って取材を続ける;テレビの「危険地取材」はどう変わったか;危険地取材をテレビに売り込む);第3章 戦争報道を続けるために―過去の事例から学ぶべきこと;第4章 米国メディアの危険地報道―日本との相違;第5章 危険報道とジャーナリスト

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:246p
  • 大きさ:18cm
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087208133
  • ISBN-13:9784087208139

ユーザーレビュー

    ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのかへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!