本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

近代天皇論-「神聖」か、「象徴」か

集英社新書
著者: 片山杜秀   著者: 島薗進  
Mailこの作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録
書籍 
出版社:集英社
発売日: 2017年1月
mixiチェック
  • 価格(税込):836円

この商品の説明

天皇は神の子孫たる「神聖」な権威なのか、「国民の統合」の「象徴」なのか。退位問題をきっかけに天皇とは何かについて新たな論争の火蓋が切られた。折しも資本主義が限界に達した日本。経済成長のためなら「国民の分断」もやむなしとするのが政権与党だが、「国民の統合」が危機に瀕し、民主主義の基盤が揺らぐこの時代にあるべき天皇像とはいかなるものか。この問題を国民が真に考えるためには、幕末にまで遡り、わが国固有の伝統と西欧文明との間で揺れ続けた日本の近代の中の天皇の姿と向き合わねばならない。戦前右翼思想を熟知する政治学者と国家神道研究の泰斗が、この難題に挑む画期的な対論!

著者/アーティスト

著者: 片山杜秀著者: 島薗進

目次

序 天皇のあり方しだいで日本の近代が吹き飛ぶ;第1章 ジレンマは明治維新に始まった―天皇と臣民のナショナリズム;第2章 なぜ尊皇思想が攘夷と結びついたのか;第3章 「天皇の軍隊」と明治天皇の神格化;第4章 「仁政」と「慈恵」の福祉国家;第5章 大正デモクラシーと未完のファシズム;第6章 戦後も生きている国家神道;第7章 神聖国家への回帰を防ぐために;対談を終えて

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:251p
  • 大きさ:18cm
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087208656
  • ISBN-13:9784087208658

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミックの価格表示について

本サイト上で表示されている商品の価格(以下「表示価格」といいます)は、本サイト上で当該商品の表示を開始した時点の価格となります。

この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。

利用者が実際に商品を購入するために支払う金額は、ご利用されるサービスに応じて異なりますので、

詳しくはオンラインショッピングサービス利用規約をご確認ください。

なお、価格変動による補填、値引き等は一切行っておりません。

 

■オンラインショッピングサービス利用規約

(1) 宅配サービス:第2章【宅配サービス】第6条において定めます。

(2) TOLピックアップサービス:第3章【TOLピックアップサービス】第12条において定めます。

 

サイト表記の書籍カバーについて

書籍のカバーは、期間限定で変更する場合がございます。

そのためサイト上で表記されたものとお届けした作品のカバーが異なる場合がございます。

カバー違いによる交換は行っておりません。


ユーザーレビュー

    近代天皇論-「神聖」か、「象徴」かへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!