本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

省エネルギーシステム概論

著者: 田中俊六  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:オーム社
発売日: 2003年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,536円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

本書では、これからの21世紀の脱工業化社会で民生用のエネルギー消費の比率が増大するなかで、日本の都市の基幹的エネルギーシステムとして、欧米の寒冷地型のコージェネレーションシステムより、高効率化された集中発電・広域電力供給方式とヒートポンプシステムの組合せ方式のほうが、はるかに省エネルギー的で、かつ省資源的であり、同時に分散型の自然エネルギー利用の風力発電、光発電などとの整合性もあって、22世紀の本格的な自然エネルギー・再生エネルギー時代に移行するためにもより優れた方式であるという著者の認識をもとにまとめられている。また、本書は日本の高すぎるエネルギー料金、歪んだ料金体系が、合理的なエネルギーシステムの選択を阻害しているだけでなく、国民のエネルギー問題への関心をむしろ阻喪させてしまっているとの懸念から、あえて専門外の問題をも取り扱っている。

著者/アーティスト

著者: 田中俊六

目次

地球環境問題と省・新エネルギー政策―日本はCOP3の約束を守れるか;日本の民生用エネルギー供給システム―電力、都市ガス事業の現状と課題;矛盾する総括原価制と規制緩和策―高すぎる日本のエネルギー料金;エントロピーの法則とは―エネルギーは消費されるか;熱機関・電力変換とコージェネレーションシステム―コージェネは本当に省エネなのか;冷凍機とヒートポンプ―ユビキタスなヒートポンプの役割;燃料電池実用化への課題―PAFCは本当に実用化したのか;再生可能エネルギーの開発―新エネルギーはどこまで期待できるか;住宅の省エネルギーシステム―21世紀の住宅のエネルギーシステムは?;ビルの省エネルギーシステム―増えつづけるのかビルのエネルギー消費;未利用エネルギーの活用;地域冷暖房と都市環境

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:320p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:オーム社
  • ISBN-10:4274036200
  • ISBN-13:9784274036200

あわせて買われている商品

前へ
次へ

ユーザーレビュー

    省エネルギーシステム概論へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!