本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

『源氏物語』「後朝の別れ」を読む

音と香りにみちびかれて
著者: 吉海直人  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:笠間書院
発売日: 2016年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):3,564円

この商品の説明

共寝した男女が翌日に別れることを意味する、「後朝の別れ」。それは闇の中で行われた。これまで、その時間帯が注目されることはなかったが、それではあまりにももったいないので、これまでの「常識」をあらためて検討し直す。恋物語において“別れの時刻”として機能する、その大事な時間帯は、聴覚や嗅覚の描写によって、男女の別れ際の心の機微が表出されている。ここから物語の読みを深めてみたい。本書は「垣間見」る源氏物語の姉妹編である。

著者/アーティスト

著者: 吉海直人

目次

後朝の別れ―闇のなかで;1 後朝の風景(後朝の時間帯「夜深し」;女性たちへの別れの挨拶―須磨下向へのカウントダウン);2 音がみちびく別れ―聴覚表現(人妻と過ごす時―空蝉物語の「暁」;庶民生活の騒音―夕顔巻の「暁」 ほか);3 香りの物語―嗅覚表現(「なつかし」と結びつく香り;男性から女性への「移り香」 ほか)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:255p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:笠間書院
  • ISBN-10:4305708272
  • ISBN-13:9784305708274

ユーザーレビュー

    『源氏物語』「後朝の別れ」を読むへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!