本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

日記文化から近代日本を問う

人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか
編者: 田中祐介  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:笠間書院
発売日: 2018年1月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,184円

この商品の説明

虚実が入り混じり、読み手の解釈によりさまざまな相貌を見せるうえに、書き手が想像しなかった意味をも見出すことができるテクスト、日記。本書は知られざる他者の手による無数の日記に向き合うことで、多数の新鮮な「問い」の磁場を発見し、分析していく。果たして人々は、日記をいかに書き、書かされ、書き遺してきたか―。歴史学、文学、メディア学、社会学、文化人類学等、多数のジャンルの研究者たちにより、近代日本の日記文化を、史料・モノ・行為の三点を軸に明らかにしていく。

著者/アーティスト

編者: 田中祐介

目次

総論 研究視座としての「日記文化」;第1部 自己を綴ることの制度化;第2部 史料としての可能性;第3部 真実と虚構;第4部 学校文化の中の「書くこと」;第5部 「外地」で綴られた日本語の日記;第6部 近代日本の日記文化を浮き彫りにし、相対化するために;第7部 特別対談―「個人の記録を社会の遺産に」(島利栄子「女性の日記から学ぶ会」代表)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:564p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:笠間書院
  • ISBN-10:4305708884
  • ISBN-13:9784305708885

ユーザーレビュー

    日記文化から近代日本を問うへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!