本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

脳科学者の母が、認知症になる

記憶を失うと、その人は“その人”でなくなるのか?
著者: 恩蔵絢子  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:河出書房新社
発売日: 2018年10月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):1,782円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

アルツハイマー病になっても最後まで失われることのない脳の迫力に迫る。記憶を失っていく母親の日常生活を2年半にわたり記録し、脳科学から考察。認知症の見方を一変させる画期的な書。

著者/アーティスト

著者: 恩蔵絢子

目次

はじめに 医者ではなく脳科学者として、母を見つめる;1 六五歳の母が、アルツハイマー型認知症になった;2 アルツハイマー型認知症とはどういう病気か;3 「治す」ではなく「やれる」ことは何か―脳科学的処方箋;4 「その人らしさ」とは何か―自己と他者を分けるもの;5 感情こそ知性である;おわりに 父母と竿燈まつりに行く

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:219p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:河出書房新社
  • ISBN-10:4309027350
  • ISBN-13:9784309027357

ユーザーレビュー

    脳科学者の母が、認知症になるへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!