本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

リーマンと数論 リーマンの生きる数学1

著者: 黒川信重  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:共立出版
発売日: 2016年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,320円
2016年,歿後150年を迎えてなお,その業績がまったく色褪せない偉大なる数学者,ベルンハルト・リーマン。
その多岐にわたる活動を,数論・解析・幾何・思想の4つの観点から解説する新シリーズ刊行!

ベルンハルト・リーマンは,19世紀に活躍した数学者である。1826年に生まれ,1866年に39歳で亡くなった。2016年,歿後150年を迎えたが,今でもなお,リーマンの業績は現代数学に生き生きと現れる。その名を冠した概念は,リーマン予想を始めとして,リーマンのゼータ関数,リーマン幾何学,リーマン多様体,リーマン面,リーマン積分,コーシー・リーマンの方程式など,分野を超えて,多岐にわたって現れており,まさに偉大な数学者といえよう。本シリーズでは,リーマンの活動を,4つの観点から解説していく。
その皮切りとなる本書では,ゼータ関数やリーマン予想を中心とした,数論におけるリーマンの業績を解説する。リーマンの数論に関する論文は,1859年に出されたゼータ関数論に関する1編のみであるが,今もって未解決のリーマン予想が提示されており,現代数学にもなお多大な影響を与えている。
最初に,簡単な場合におけるゼータ関数を解説する。簡単とはいえ,リーマン予想の解決にも重要となるような概念が多く含まれている。次に,ピタゴラスから始まり,オイラー,ディリクレらの,リーマン以前の数論研究を解説する。そして主題である,リーマンの数論研究を解説する。最後に,リーマンの研究がその後の数論研究に与えた多大なる影響を,19世紀,20世紀,21世紀と,順を追って解説する。
リーマンの数論における業績を理解することはもとより,数論研究のこれまでの流れを捉え,また数論研究のこれからをも見据えることができる,まさに格好の書となろう。

※2016年11月現在のものです 

この商品の説明

著者/アーティスト

著者: 黒川信重

目次

第1部 簡単なゼータ関数(有限ゼータ関数;行列の整数ゼータ関数;行列の実数ゼータ関数);第2部 リーマンと先達(オイラー以前;ディリクレ;リーマン);第3部 リーマンの影響(19世紀;20世紀;21世紀)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:206p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:共立出版
  • ISBN-10:4320112342
  • ISBN-13:9784320112346

あわせて買われている商品

前へ
次へ

ユーザーレビュー

    リーマンと数論 リーマンの生きる数学1へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!