本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

環境政策史論

ドイツ容器包装廃棄物政策の展開
著者: 喜多川進  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:勁草書房
発売日: 2015年2月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,184円
DBの接続に失敗しました

この商品の説明

ドイツは本当に「環境先進国」なのか?環境政策を歴史的に検証する初の試み。環境政策がいかにしてつくられ、発展してきたのかを分析し、望ましい政策のあり方を考える「環境政策史」初の著作。環境政策も一定の蓄積を有し歴史的に考察しうるようになった今日において、歴史的視点からの環境政策研究の必要性を訴える。

著者/アーティスト

著者: 喜多川進

目次

第1章 “環境先進国ドイツ”をめぐる謎;第2章 容器包装令およびデュアル・システムの概要;第3章 胎動―容器包装廃棄物政策の誕生とツィママンによる強制デポジット制度導入の挫折(1970~1986年);第4章 継承・展開―さらなる対策の実施と問題の深刻化(1986~1989年);第5章 構想・立案・交渉―容器包装令の核心部の決定(1990年1月~1990年7月);第6章 修正―規制強化の実態(1990年7月~1990年11月);第7章 成立―連邦参議院での審議(1990年11月~1991年4月);第8章 ドイツ容器包装廃棄物政策の実体と課題;補論 環境政策史研究の構想と可能性

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:227p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:勁草書房
  • ISBN-10:4326504048
  • ISBN-13:9784326504046

ユーザーレビュー

    環境政策史論へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!