本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

虹色のチョーク

働く幸せを実現した町工場の奇跡
著者: 小松成美  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:幻冬舎
発売日: 2017年5月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):1,404円
「彼らこそ、この会社に必要なんです」

社員の7割が知的障がい者である“日本でいちばん大切にしたい会社”を、小松成美が描いた感動のノンフィクション。
人は働くこと、人の役に立つことで幸せになれる――。

神奈川県川崎市にあるチョーク製造会社・日本理化学工業株式会社は、昭和12年に小さな町工場からスタートした。昭和36年に二人の少女を雇い入れたことをきっかけに、障がい者雇用に力を注ぎ、「日本でいちばん大切にしたい会社」として全国から注目を集め続けている。
現在も社員83名のうち、62名が知的障がい者。一人一人の能力に合った仕事を作ることで、彼らが製造ラインの主戦力となり、社員のほとんどは定年まで勤め上げる。同時に、彼らの作るダストレスチョークは業界シェア1位を誇る。
今でこそ福祉と経営の両面で注目を浴びるが、ここに辿り着くまでには数々の苦悩と葛藤があった――。
本書は、日本理化学工業の会長や社長、働く社員、さらには、普段語られることの少ない障がい者のご家族へのインタビューを通して、「働く幸せ」を伝える一冊。



出版社からのコメント

日本理化学工業株式会社
チョーク製造会社。1937年設立。1960年、現会長の大山泰弘が養護学校から二人の知的障がい者を受け入れたことをきっかけに、障がい者雇用に取り組み始める。1975年には、川崎市に日本初の知的障害者多数雇用モデル工場を建設。現在、83名の社員のうち62名の知的障がい者を雇い、障害者雇用率は7割を超える。 

この商品の説明

社員の7割が知的障がい者のチョーク工場が、“日本でいちばん大切にしたい会社”と呼ばれるその理由とは―。家族の宿命と経営者の苦悩、同僚の戸惑いと喜びを描いた感動のノンフィクション。58年もの間、障がい者雇用を続けながら、業界トップシェアを成し遂げた日本理化学工業。

著者/アーティスト

著者: 小松成美

目次

第1章 日本でいちばん大切にしたい会社と呼ばれて(思いがけぬ脚光と変わらない日常;チョーク製造ラインで働く知的障がい者たち ほか);第2章 障がい者を持つ家族の思い(仕事を持って生きる本田真士さんと母の物語;仕事を通して芽生えた責任と使命 ほか);第3章 働く幸せの実現に向けて―会社が乗り越えてきた苦難(4代にわたる日本理化学工業の歴史;4代目社長・大山隆久の挑戦 ほか);第4章 チョーク屋に生まれて―経営者としての天命(相模原殺傷事件の衝撃;二人の少女との出会い ほか);第5章 障がい者とその家族が生きる道(障がい者雇用第一期生の林緋紗子さん;林家の物語 ほか)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:221p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:幻冬舎
  • ISBN-10:4344979044
  • ISBN-13:9784344979048

ユーザーレビュー

    虹色のチョークへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!