本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

液晶相転移

分子論的アプローチ
著者: 中川匡弘  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:シュプリンガー・ジャパン
発売日: 2001年10月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,104円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

本書では、統計物理学者を目指す学生及び研究者の格好のチャレンジの場である液晶の分子論という枠の中で、現在主流となっているネマチック液晶の相転移から記述をはじめ、細胞膜を構成する両親媒性脂質分子の配向相転移、有極性スメクチック液晶の逐次相転移、次世代の液晶材料として注目されている強誘電性液晶の弾性定数の分子論的導出に至るまで、様々な液晶系における構造相転移を取り上げ、それらに対して分子論的なアプローチを展開し、平均場理論の限界、ならびに、その有効性とそれにまつわる解説を与えることを試みる。さらに、応用の立場から、現在の液晶応用の主流となっているネマチック混合液晶の分子論やスメクチック混合液晶の分子論を展開し、実験との比較を行うことにより、その理論の妥当性も検証する。

著者/アーティスト

著者: 中川匡弘

目次

序論;ネマチック液晶の分子論;脂質分子系の分子論;スメクチックA液晶の分子論;反強誘電性スメクチックA液晶の分子論;強誘電性カイラルスメクチックC液晶の分子論(引力モデル;引力+斥力モデル);反強誘電性カイラルスメクチックCA液晶の分子論;ネマチック混合液晶の分子論(引力+斥力モデル;格子モデル);スメクチックA混合液晶の分子論

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:293p
  • 大きさ:25×17cm
  • 出版社:シュプリンガー・ジャパン
  • ISBN-10:4431709320
  • ISBN-13:9784431709329

ユーザーレビュー

    液晶相転移へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!