本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記

創元ライブラリ
著者: 桜庭一樹  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:東京創元社
発売日: 2009年8月
mixiチェック
  • 価格(税込):924円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

桜庭一樹は稀代の読書魔である。本当に毎日本を読むのである。こよなく愛するジョン・ディクスン・カーのミステリをはじめ、ガルシア=マルケスの傑作小説、アゴタ・クリストフの自伝、死刑囚についてのドキュメント、茨木のり子の詩集から三島由紀夫のエッセイまで、縦横無尽に読んで過ごした疾風怒涛の1年間。

著者/アーティスト

著者: 桜庭一樹

目次

二月 読書にまつわるすごいこと(たぶん)を発見する。;三月 町中に“なぞの女”がいる、気がする。;四月 ジョン・ランプリエールが辞書になる!;五月 夏木マリと、カー談義する。;六月 直毛なのに、アフロである。;七月 バナナの皮で、世界が滅亡する。;八月 傑作の前を、歌って通りすぎている。;九月 百匹の蝉が死に、百人の老人がやってくる。夏が、終わったのだ。;十月 片手に二十世紀梨、片手に豆腐竹輪の夜である。;十一月 「ビバビバ都会!野戦病院!」である。;十二月 少年になり、花を買うのだ。;一月 書店はタイムマッシーンである。

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:361p
  • 大きさ:15cm(A6)
  • 出版社:東京創元社
  • ISBN-10:4488070647
  • ISBN-13:9784488070649

ユーザーレビュー

    少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!