本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

うつむく眼

二〇世紀フランス思想における視覚の失墜
叢書ウニベルシタス
著者: マーティン・ジェイ   訳者: 亀井大輔  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:法政大学出版局
発売日: 2017年12月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):6,912円

この商品の説明

視覚の権威剥奪をめぐる思想史。二〇世紀フランス思想は古代ギリシアよりつづく視覚の覇権体制に反旗を翻した。絵画、写真、映画をはじめとする視覚芸術から哲学、宗教、精神分析、ジェンダーにいたる諸論点をめぐり、サルトル、メルロ=ポンティ、レヴィナス、ラカン、フーコー、デリダらの言説が“反-視覚”の一点において重なりあう思想史の金字塔にして刺激的な視覚論。

著者/アーティスト

著者: マーティン・ジェイ訳者: 亀井大輔訳者: 神田大輔訳者: 青柳雅文訳者: 佐藤勇一訳者: 小林琢自訳者: 田邉正俊

目次

序論;第1章 もっとも高貴な感覚―プラトンからデカルトにいたる視覚の変遷;第2章 啓蒙(EnLIGHTenment)の弁証法;第3章 視覚の旧体制の危機―印象主義者からベルクソンへ;第4章 眼の脱呪術化―バタイユとシュルレアリストたち;第5章 サルトル、メルロ=ポンティ、新しい視覚の存在論の探求;第6章 ラカン、アルチュセール、イデオロギーの鏡像的主体;第7章 眼差しの帝国からスペクタクルの社会へ―フーコーとドゥボール;第8章 死を呼び起こすものとしてのカメラ―バルト、メッツ、『カイエ・デュ・シネマ』;第9章 「ファルス‐ロゴス‐視覚中心主義」―デリダとイリガライ;第10章 盲目の倫理とポストモダンの崇高―レヴィナスとリオタール;結論

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:543,243p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:法政大学出版局
  • ISBN-10:4588010735
  • ISBN-13:9784588010736

ユーザーレビュー

    うつむく眼へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!