本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

溝口健二論

映画の美学と政治学
著者: 木下千花  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:法政大学出版局
発売日: 2016年5月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):6,696円

この商品の説明

トーキー化と長回しと縦の構図によって時空間を変容し、植民地主義や女性の人権蹂躙など矛盾をはらむ重層性を女性の身体を通して露呈させ、占領下の女性の解放を言祝ぎ、贈与交換に基づく権力関係に立脚した欲望を演出し、映画概念を拡張し続けた溝口健二に対峙して、ショットを分析記述し、検閲記録や撮影台本などの一次資料調査から、映画史、映画理論、メディア論、身体論、ジェンダー論など学際的な横断において映画学が本来有する力を発揮し、溝口健二の映画へとさらに眼差しを向かわせる画期的研究。

著者/アーティスト

著者: 木下千花

目次

第1部 溝口の世界への視座(複数のはじまり;世界の中のミゾグチ、溝口の中の世界);第2部 トーキーの間メディア美学(革命前夜―溝口健二の『唐人お吉』(一九三〇年);映画の第四次元―溝口健二の一九三五年;「風俗」という戦場―内務省の検閲);第3部 溝口の「女性映画」―松竹京都時代(芸道物考;占領下の女性解放―大衆フェミニスト・プロパガンダとしての溝口映画);第4部 「現代映画」としての溝口作品(欲望の演出と妊娠の身体;伝統と近代―溝口健二のポスト占領期)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:600,32p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:法政大学出版局
  • ISBN-10:4588420178
  • ISBN-13:9784588420177

ユーザーレビュー

    溝口健二論へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!