本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

共生への道と核心現場

実践課題としての東アジア
サピエンティア
著者: 白永瑞   監訳: 趙慶喜  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:法政大学出版局
発売日: 2016年7月
mixiチェック
  • 価格(税込):4,840円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

「核心現場」とは、沖縄、朝鮮半島、台湾のように歴史的矛盾が凝縮された「分断」の場所であるとともに差別において苦しみのあるすべての現場を指す。分断構造と構造的差別を解体し、既存の学術制度を超える「共感と批評としての歴史学」と「社会人文学」を提唱。そこに生きる人々の苦しみを受けとめ、現実に触発された実践的な共生への道を提示する。

著者/アーティスト

著者: 白永瑞監訳: 趙慶喜解説: 中島隆博

目次

プロローグ 核心現場から問い直す「新しい普遍」―東アジア分断構造克服への道;第1部 東アジア論(核心現場に見いだす東アジア共生への道;連動する東アジア、問題として朝鮮半島―言説と連帯運動の二〇年;東アジア論と近代適応・近代克服の二重課題;平和に対する想像力の条件と限界―東アジア共同体論の省察);第2部 中国‐韓国‐台湾(中華帝国論の東アジアにおける意味―批判的中国研究の模索;変わるものと変わらないもの―韓中関係の過去、現在、未来;私たちにとって台湾とは何か―韓国‐台湾関係を問い直す);第3部 社会人文学と批判的学問(社会人文学の地平を開く―その出発点としての「公共性の歴史学」;共感と批評の歴史学―東アジアの歴史和解のための提言;地球地域学としての韓国学の(不)可能性―東アジアの歴史和解のための提言;「東洋史学」の誕生と衰退―東アジアにおける学術制度の伝播と変形;韓国における中国学の軌跡と批判的中国研究;解説と対話 白永瑞―同時代の証言者)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:415,3p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:法政大学出版局
  • ISBN-10:4588603469
  • ISBN-13:9784588603464

ユーザーレビュー

    共生への道と核心現場へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!