本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

近代日本メディア人物誌 ジャーナリスト編

編者: 土屋礼子   編者: 井川充雄  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:ミネルヴァ書房
発売日: 2018年1月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):2,700円

この商品の説明

メディアは人である。ジャーナリストが時代と向き合い、格闘し、栄光と挫折を積み重ねてきたことで今日のメディアが存在する。本書は、『近代日本メディア人物誌―創始者・経営者編』の続刊であり、日本のメディアの歴史を、時代を代表するジャーナリストたちの活躍から見ていくものである。言論はいかに世の中を動かしてきたか。メディアが多様化し、グローバル化の中でそのあり方を問われている今日にあって、その源流を改めて考え直すことを提言する一冊である。

著者/アーティスト

編者: 土屋礼子編者: 井川充雄

目次

第1部 明治期―「言論の自由」をめぐる攻防(末広鉄腸―言論の自由と輿論政治の理想を求めて;中江兆民―恩賜的民権から恢復的民権へ ほか);第2部 大正期―デモクラシーとジャーナリズムの発展(松崎天民―社会探訪の名手;村嶋歸之―「労農記者」と呼ばれたジャーナリスト ほか);第3部 昭和前期―「帝国の戦争」に対して(石橋湛山―小日本主義者の見識とその孤高;中野正剛―民権派ジャーナリストから朝野の政治家へ ほか);第4部 昭和後期―戦後とは何だったのか(大宅壮一―二つの大衆社会化状況を生きた、「無思想」の「マスコミの王様」;田英夫―ニュースキャスターの草分け ほか)

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:311p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • ISBN-10:462307482X
  • ISBN-13:9784623074822

ユーザーレビュー

    近代日本メディア人物誌 ジャーナリスト編へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!