本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

薬害エイズで逝った兄弟 シリーズ・福祉と医療の現場から2

12歳・命の輝き
著者: 坂上博   著者: 鈴木英二  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:ミネルヴァ書房
発売日: 2017年5月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):2,160円
1980年代、血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた「薬害エイズ」問題。
この薬害エイズにより、ともに12歳で亡くなった二人の兄弟がいた。当時、二人の遺族に取材したルポルタージュの復刊。
2016年には、遺族・被害者と国・製薬会社の裁判の和解が成立してから20年の節目をむかえた。
この20年で薬害はどのような歩みをたどったのか、悲劇を繰り返さないためにはどうすればよいか、
考えるきっかけとしてほしい。

[ここがポイント]
◎読売新聞記者の丁寧な取材によるルポルタージュ。
◎薬害エイズ裁判の和解が成立してから20年の節目。
◎最新の事項を盛りこんだ薬害エイズ関連年表を収録。
◎当初から薬害エイズに関心を寄せてきたジャーナリスト・櫻井よしこ氏による寄稿を再収録。



著者について

《著者紹介》※本情報は刊行時のものです

坂上博(さかがみ・ひろし)
読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員。新潟県生まれ。東京工業大学卒業。1987年読売新聞社入社。
東京本社整理部(現在の編成部)、松本支局などを経て、1998年より医療情報部(現在の医療部)記者として
医療全般の取材を行う。医療部次長を経て2016年より現職。


鈴木英二(すずき・えいじ)
読売新聞湘南支局長。長野市生まれ。東京外国語大学卒業。1985年読売新聞社入社。
東京本社社会部、長野支局長、水戸支局長などを歴任し、本社紙面審査委員会委員を経て2014年より現職。
2000年に連載記事「北陸いのちと健康」で、ファルマシア・アップジョン医学記事賞特別賞(大賞)受賞。

※2017年4月現在のものです 

この商品の説明

一九八〇年代、血友病の患者に投与された非加熱血液製剤が、HIVへの感染を招いた「薬害エイズ」問題。この薬害エイズにより、ともに十二歳でなくなった二人の兄弟がいた。当時、二人の遺族に取材したルポルタージュの復刊。

著者/アーティスト

著者: 坂上博著者: 鈴木英二

目次

遺作展;誕生;運命;感染;兄弟;広太の死;闘病;健の死;決意;責任;偲ぶ会;出発

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:206p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:ミネルヴァ書房
  • ISBN-10:4623080528
  • ISBN-13:9784623080526

ユーザーレビュー

    薬害エイズで逝った兄弟 シリーズ・福祉と医療の現場から2へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!