本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

「母と息子」の日本論

著者: 品田知美  
Mailこの作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録
書籍 
出版社:亜紀書房
発売日: 2020年7月
mixiチェック
  • 価格(税込):1,870円

この商品の説明

母と息子の甘美で重苦しい関係が日本社会の基層を作っている―男性にとって女性は恐るべき母でしかないとしたら、社会の中での女性への差別もミソジニーも当然かもしれない。西原理恵子『毎日かあさん』、のぶみ『ママがおばけになっちゃった!』、古典ともいえる江藤淳『成熟と喪失』、村上春樹の小説群や、ひきこもり、教育ママ、相模原障害者殺傷事件など、社会で起こる様々な事例を引きながら、母と息子の関係性をものさしとして、日本社会のいまを考える。

著者/アーティスト

著者: 品田知美

目次

第1章 母親業はやめられない―過酷で甘美な母というお仕事;第2章 母は捧げる―自己犠牲という弱者の戦略;第3章 母の愛は有償である―イエの継承者をつくる;第4章 イギリスに「いい息子」はいない?―ジェントルマンの予備軍たち;第5章 母は稼いで世話もする―「ダメ息子」と「しっかり娘」のお約束;第6章 恐れられる母は女性蔑視を生む―マザコンを隠蔽するセクハラ;第7章 繭のなかから世界を眺める―幽閉される息子たち;第8章 豊かな世界と「ママっ子男子」の登場―友だち化する母と息子;第9章 「教育ママ」の現在と未来―マニュアルをつくる母親たち;第10章 母は見捨てる―切断する母の論理;第11章 母の喪失と崩壊―「父」なき社会の底知れぬ不安;終章 母と息子が離れるとき、日本は動き始める

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:250p
  • 大きさ:19cm(B6)
  • 出版社:亜紀書房
  • ISBN-10:475051649X
  • ISBN-13:9784750516493

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミックの価格表示について

本サイト上で表示されている商品の価格(以下「表示価格」といいます)は、本サイト上で当該商品の表示を開始した時点の価格となります。

この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。

利用者が実際に商品を購入するために支払う金額は、ご利用されるサービスに応じて異なりますので、

詳しくはオンラインショッピングサービス利用規約をご確認ください。

なお、価格変動による補填、値引き等は一切行っておりません。

 

■オンラインショッピングサービス利用規約

(1) 宅配サービス:第2章【宅配サービス】第6条において定めます。

(2) TOLピックアップサービス:第3章【TOLピックアップサービス】第12条において定めます。

 

サイト表記の書籍カバーについて

書籍のカバーは、期間限定で変更する場合がございます。

そのためサイト上で表記されたものとお届けした作品のカバーが異なる場合がございます。

カバー違いによる交換は行っておりません。


ユーザーレビュー

    「母と息子」の日本論へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!