本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

欲望と誤解の舞踏

フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド
著者: シルヴィアーヌ パジェス   監訳: パトリック ドゥヴォス  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:慶應義塾大学出版会
発売日: 2017年7月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,832円

この商品の説明

1970年代の終わり、フランスの人々は、日本の前衛芸術「舞踏」を大きな衝撃をもって迎え入れた。大野一雄、カルロッタ池田、山海塾、室伏鴻、笠井叡、そして土方巽…多くの日本人ダンサーがフランスで“発見”された。本書は、舞踏がその上陸から今日まで、この地の人々を魅了しつづけている歴史を跡付けている。舞踏の伝播は、あらゆる「誤解」とともに、ここではないどこかへ、日本への欲望を引き起こしながら、コンテンポラリーダンスの領域に途方もない影響を与えたのである。フランスのジャーナリズムと“身振り”の分析を駆使して、美学と文化史の観点から舞踏を論じることは、現代の舞踊史を読み直すことを意味する。「ジャポニスム」の歴史、ドイツ表現主義とのつながり、舞踏に関係づけられるヒロシマの記憶…舞踏をめぐるダイナミズムを明らかにし、身振りを介した日欧の歴史を亡霊のごとく浮かび上がらせる、革新的な日本文化受容論。

著者/アーティスト

著者: シルヴィアーヌ パジェス監訳: パトリック ドゥヴォス訳者: 北原まり子訳者: 宮川麻理子

目次

序論 身振りのグローバル化のなかに舞踏をよむ;第1部 「新発見」から聖別/公認まで(瞬く間に成功した歴史;唖然とした批評家たち);第2部 さまざまな誤解がもたらした舞踏の再創造(多様な舞踏を「舞踏」にまとめる―単純化された美学的カテゴリー;「ヒロシマの灰の上に生まれた」…?;異国趣味への欲望);第3部 コンテンポラリーダンスのなかにある舞踏への欲望(感覚のなかの他所;ひそかな欲望―再び現れた表現主義の身振り);結論 国を越え、断続的に形成される身振りの歴史

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:313,51p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:慶應義塾大学出版会
  • ISBN-10:4766424107
  • ISBN-13:9784766424102

ユーザーレビュー

    欲望と誤解の舞踏へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!