本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

日本の国際認識

地域研究250年 認識 論争 成果年譜
著者: 浦野起央  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
書籍 
出版社:三和書籍
発売日: 2018年6月
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):8,640円

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミック価格改定に伴う価格表示について

原材料の価格高騰などに伴い、各出版社において価格の改定が行われております。

弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。返金などはいたしかねますので予めご了承ください。


なお、各商品の新価格、詳細については各出版社までお問い合せいただきますようお願いいたします。

この商品の説明

対外認識と国民形成は国民国家の基本である。近代日本は海外知識の摂取による国際認識の確立をもって国際秩序の理解とそれへの参加が可能となり、日本は国民形成と対外関係の樹立へと突入し、そして国民国家の政策が追求され維持されてきた。この視点において、日本はどのように海外知識を摂取していったか、そこにおいて開国と対外関係のかかわりがどのように始まり、国際法がどのように受容されてきたか、そこにおける日本の認識と理解はどういうものであったか、また漢字文化圏にあった日本はどういう形で欧米文明を導入し理解し近代普遍的文明化世界の一員となったか、そこにおける国民主義はどのような理解と主張にあり、そこで近代国民国家の姿を辿ったかが論じられる。

著者/アーティスト

著者: 浦野起央

目次

第1部 近代日本の海外知識の摂取と国際認識の確立(福澤諭吉と山縣有朋の対外認識及び所見;西川如見『華夷通商考』の世界認識;林子平『三国通覧圖説』と桂川甫周『北槎聞略』の北方認識;吉田松陰の世界認識;支那思想の検討と日本的理解の確立 ほか);第2部 地域研究250年(文明の接触と地域の確認;探検と外国知識の吸収;対外進出と地域研究;対外政策の遂行と地域研究の使命;世界の中の国家と地域研究 ほか);第3部 認識・論争・成果年譜

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:468p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:三和書籍
  • ISBN-10:4862513158
  • ISBN-13:9784862513151

ユーザーレビュー

    日本の国際認識へのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!