Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

HOMECD・音楽DVDショッピングニュース一覧ショッピングニュース記事
mixiチェック
CD 更新日時:2011年11月01日 10:00

CD>次世代ロック・バンド、KEYTALK(キートーク)インタビュー!

KEYTALK

次世代ロック・バンド、KEYTALK(キートーク)インタビュー!

一度聴けば忘れられない美しいメロディと、思わず心がハネてしまうリズム。
全国でファンが増加中の20代前半の若手バンドKEYTALK!
彼らの2ndミニアルバム「SUGAR TITLE」が完成。


前作の1stミニアルバム「TIMES SQUARE」に収録されたキラーチューン「トラベリング」タイプの、歌とメロディーを重視しつつもダンサブルでライヴにて盛り上がるナンバーを中心に構成された全7曲を収録。前作に続き、再びFRONTIER BACKYARDのTGMX氏をプロデューサーに迎えた新譜「SUGAR TITLE」について、またリリースツアーについて、ギターの小野武正さんを中心にお話をお伺いしました!

-----------------------------------------------------------------------------------------

─ 今作のリリースに向けて最も意識したことはなんですか?

今まで以上に曲展開を変拍子等のギミックをなるべく削ぎ落として楽曲本来が持つキャッチーさとメロディーの良さを追求しました。ファーストミニ"TIMES SQUARE "のリードトラックだった"トラベリング"という曲を自ら検証し、そんなタイプの楽曲で構成したので、ある意味KEYTALKという1ジャンルを示せる作品になったと思います。

─ 今回の作品もFRONTIER BACKYARDのTGMXさんがプロデュースですね。作品を作る上でTGMXさんから受けた影響はありますか?逆に、KEYTALKの皆さんから「こういう形にしたい」とTGMXさんに伝えたことはありますか?

TGMXさんからのアドバイスは前作TIMES SQUARE制作時に楽曲のブラッシュアップ等、曲作りの段階から関わって頂いたお陰もあり、今回は自分達なりの解釈でTGMXさん的手法を違和感なく使えて曲作りが出来たこともあり、見守ってくれる形で作品作りが進行しました。シンセや打ち込み等は前作同様TGMXさんにレコーディングをお手伝いしていただきました。

─ 曲によってリードヴォーカルが首藤さん、寺中さんと異なりますが、曲ごとにどのような決め手でヴォーカルを決定しているのですか?

今回のボーカル分けはシンプルで首藤が作った曲は首藤、寺中が作った曲は寺中、僕が作った曲はツインボーカルという形をとっています!う~ん明確だ!

─ 今作ではツインボーカルの曲もあり、新鮮でした。新しい試みとのことですが、ツインボーカルで歌ったきっかけはありましたか?

これはやはりKEYTALK は色の違うボーカルが二人いるので、僕が曲を作っている時にふとした時にやってみたいなぁ、と思いつきでやりましたらすごくハマって今ではライヴでも定着した感じです。これからもバランス良く増やしていきたいと考えてます。まさにこれこそ天のお告げってやつでしょうか(笑)。

─ レコーディング時のこぼれ話などがあれば教えてください。

寺中がレコーディング初日にいきなりオートチューンをかけたいと言いだしたことが一番の事件でしたね(笑)。唐突だったので一瞬スタジオの空気が固まったことを今でも憶えています。TGMXさんも「そういうことは事前に言いなさい・・・」と(苦笑)。彼にも天のお告げがあったに違いないと今では確信してます!

─ 11/19には初ワンマンということですが、その日にかける意気込みをお願いします!

人生初、そしてもちのろんのキートーク初のワンマンライヴということもありメンバー一同めちゃくちゃ気合いが入っています!いつも以上に全力を出し切って最高に楽しいライヴにしたいと今から意気込んでいます。空回りしないようにはしますよ!

─ 全国ツアーも始まりますが、初めてライヴにくる方もいるかと思います。ファンの方々にメッセージがあれば是非お願いします。

ライヴ会場にて「ぺーい」と言って頂ければぺーいステッカープレゼントします(笑)。
ライヴではエヴィバディセイ、ぺーーい!と煽るのでみんなもぺーーい!と叫んでくれると会場の熱気は最高潮にヒートアップすることなし!エヴィバディセイ!
ぺーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!
これぞコール・アンド・レスポンス!

─ 最後に、本作品の魅力についてメンバーお1人ずつ、メッセージをお願いします!

寺中 今回初のオートチューンエフェクトを試みて個人的にはすごく満足しています!
でもライヴではアダルティな甘い歌声聴かせるからヨ・ロ・シ・クな!!!

首藤 どうもおしゃれ番長です!すんごくポップでキャッチー、それでいて踊れるナンバーばっかしです!!君のiPodはボクが支配したよ!!!バキュ~ン!!!!

八木 どうも自称ゆとりサーファーもしくはオムスターです!今回の作品は前よりも一段とドラムがパワフルですごく気に入ってます!!みんな良い曲過ぎるのですが、聴きすぎて学校に行かないと僕みたいになっちゃうから気をつけてね。。。(当方完全現役大学5年生)

小野 前作も最高傑作だと思っていましたが、今作はさらに前作を上回ってミリオンヒットの予感しかしません。ポップ過ぎて聴き過ぎて、万が一でも、100歩ゆずって飽きてしまったとしたら是非ライヴへ!
Let's PAAAAAAAAAAAAAAAAAAYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!! 

 

TIMES SQUARE
TIMES SQUARE
KEYTALK
CD
発売日:2010年7月7日 / 3~7日で発送
価格(税込): 1,944円
Tポイント:9pt
買い物かごへ お気に入りリストへ
SUGAR TITLE
SUGAR TITLE
KEYTALK
CD
発売日:2011年11月9日 / 3~12日で発送予定
価格(税込): 1,851円
Tポイント:8pt
買い物かごへ(取寄) お気に入りリストへ