本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

ターミネーター4 スペシャル・エディション

動画を見る

ターミネーター4 スペシャル・エディション

出演者: クリスチャン・ベール   監督: マックG  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
ブルーレイディスク
(再発売)
発売日: 2010年4月16日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):2,571円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

2009年公開のSFアクション『ターミネーター』シリーズ第4弾。機械軍(スカイネット)が起こした核戦争から10年後の世界を舞台に、ジョン・コナーら人類とスカイネットとの戦いを、謎の男マーカス・ライトを軸に描く。
(再発売)

あらすじ

世界的大ヒットシリーズの4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。人類滅亡を目論む機械軍(スカイネット)が引き起こした核戦争“審判の日”以後の荒廃した世界を舞台に、追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演は「ダークナイト」のクリスチャン・ベイル。2018年。スカイネットが引き起こした“審判の日”をかろうじて生き延びた人間たちは抵抗軍を組織し、大人になったジョン・コナーもその一員としてスカイネット率いる機械軍との死闘に身を投じていた。そんなある日、ジョンはマーカス・ライトと名乗る謎の男と出会うが…。

収録内容

劇場版(約115分)、ディレクターズ・カット版(約117分)

特典内容

※BDのみディレクターズ・カット版も収録!
※プレイステーション3・PSP限定 デジタルコピー機能対応!

<映像特典>

マキシマク・ムービー・モード(インタラクティブ ピクチャー・イン・ピクチャー/BONUSVIEW)
メイキング・ドキュメンタリー(2種)
予告編集
cinechat
BD-LIVE

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 形式:ブルーレイディスク
  • 収録時間:01:55:00
  • 字幕:日本語・英語
  • 音声:1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2層(50GB)
  • メーカー:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
  • 商品番号:BLU61426

  • 制作年(発売年):2009
  • 制作国:アメリカ
  • 原題:TERMINATOR SALVATION

ユーザーレビュー

  • 流行りに流されるな!

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:たま  投稿日:2012年10月26日

    画面をざらついた感じにして、色彩を落としてやれば、ほらリアルでしょ。という最近の傾向に乗っかった感がある。 内容がどうのという前にそれが悲しい。 ターミネーターの魅力はその豊かな色彩感覚にもある筈だ。 あの評判の悪い3作目ですら、そのムードは踏襲されていた。 時代によって表現が変わるのは否定しないが、違和感はやはりないに越したことはない。 新たなシリーズと銘打っても、ファンのなかでは全て同じだと思うからだ。 5作目は手振れカメラで臨場感を出しました、ということにならないよう願いたいものだ。
  • 人間に近付けるマシンの進化過程

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:さえこ  投稿日:2012年9月26日

    “審判の日”から10年後の、2018年を描いたシリーズ4作目。 今作では、スカイネットの猛攻に対し、抵抗軍のリーダーとして立ち上がるジョン・コナー。記憶を持たない謎の男マーカスと出会い、スカイネットの核心に迫っていきます。 個人的には、前作から大分と開いての今作の鑑賞でしたので、経時的な理解が少し難しかったですね。 でも、その分、シリーズとしてではなく新しい単作として、マーカス寄りのストーリー展開と、近未来の機械化の映像を楽しむことができたかなと思います。 又、彼の正体が分かった時には、なるほど、そういうところでシリーズと繋がっていたのかと納得しました。 只、やっぱり時間の流れは掴めないままでしたが…。 完璧ではないがより人間に近いターミネーターや、機械剥き出しのマシンも出てくる今作を見ると、進化過程が分かりますし、前作までのターミネーターの凄さを改めて感じることもできた気がします。 ジョンを演じるクリスチャン・ベイルが、シュワちゃんの代わりに存在感を出していたのは良かったんですが、彼の活躍をもう少し前面に出してほしかったとも思いました。
  • まあまあ

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:はたポチ  投稿日:2012年3月30日

    シリーズ3番目におもろい
(C)2009 T Asset Acquisition Company, LLC. All Rights Reserved.