本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

コロンビア映画90周年記念『タクシードライバー』BOX

動画を見る

コロンビア映画90周年記念『タクシードライバー』BOX [初回限定盤]

出演者: ロバート・デ・ニーロ   監督: マーティン・スコセッシ  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
ブルーレイディスク
発売日: 2014年12月3日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):15,984円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

ヴェトナム帰還兵トラヴィスは、夜の街をタクシーで流しながら混沌とした世界に苛立っていた。銃を手に入れた彼はある計画を思い立ち……。70年代の米国が抱える社会問題を浮き彫りにしたマーティン・スコセッシ監督による歴史的名作。

あらすじ

ニューヨークの夜を走るひとりのタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描き出した傑作。ベトナム帰りの青年トラヴィス・ビックルは夜の街をタクシーで流しながら、世界の不浄さに苛立ちを感じていた。大統領候補の選挙事務所に勤めるベッツィと親しくなるトラヴィスだったが、彼女をポルノ映画館に誘ったことで絶交されてしまう。やがて、闇ルートから銃を手に入れたトラヴィスは自己鍛錬を始めるが、そんな彼の胸中にひとつの計画が沸き上がる……。

収録内容

【Disc-1】
タクシードライバー(原題:TAXI DRIVER)

特典内容

<封入特典>

「タクシードライバー」 “タクシー” ミニチュアレプリカ
「タクシードライバー」 公開当時のプレスシートのミニチュアレプリカ

<特典内容>

脚本と本編映像の比較(グラフィック・イン・ピクチャー/本編映像を見ながら、脚本の日本語訳をお楽しみ頂けます。)
マーティン・スコセッシ(監督)とポール・シュレイダー(脚本)による1986年時の音声解説
ロバート・コルカー(大学教授)による音声解説
ポール・シュレイダー(脚本)による音声解説
スコセッシ監督が語る『タクシー・ドライバー』
『タクシー・ドライバー』の製作
孤独という病
影響と賛美
タクシードライバーたちの物語
誕生から喝采まで
トラビスのニューヨーク
ロケ地の姿-撮影当時と2006年
スコセッシ監督と絵コンテ
絵コンテと完成シーンの比較
フォト・ギャラリー集:
バーナード・ハーマンの楽譜
撮影風景
公開当時の宣伝・販促物
スコセッシ監督の仕事風景
BD-LIVE
予告編集

商品仕様

  • アイテム名:ブルーレイ
  • 形式:ブルーレイディスク
  • 収録時間:01:54:00
  • 字幕:日本語・英語
  • 音声:1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2層(50GB)
  • メーカー:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
  • 商品番号:BPBH786

  • 制作年(発売年):1976
  • 制作国:アメリカ
  • 原題:TAXI DRIVER

ユーザーレビュー

  • 全盛期の輝き!

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:カズイチ  投稿日:2014年8月28日

    リアルタイムでデ・ニ-ロ作品に接する事ができた人には、たまらない代表作の1本! 撮影も音楽も素晴らしい。
  • この映画を傑作と思えるようになったら

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:ヌコ  投稿日:2014年7月16日

    シネフィルと自身を認定してもいいのかもしれない。トラヴィスの、不気味で、ある種イノセントな薄ら笑いと、若きジョディ・フォスター演じるアイリスの美しさが観られただけでも自分にとっては良き作品だ。自分の生まれる前の映画なのか。そうはとても思えないな。
  • 何をやらかすか目が釘付けに

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:よすたかず  投稿日:2013年2月4日

     あのR・デ・ニーロが細く若く狂気に変わるベトナム帰還兵。モヒカン頭に豹変し拳銃数丁で無言のまま悪党を成敗する場面は衝撃的。大統領候補を狙う意図はなんだったのか。選挙サポータのS・シェパードは当時こんないい役があったのか。J・フォスターはこれでオスカーか。H・カイテルは若い時も相変わらずクセモノか。と、いろいろあるが、何といってもデ・ニーロ氏が次に何をやらかすのか目を釘付けさせるM・スコセッシ監督、意識しては観てこなかったが、この強烈さにしびれ、これまでの作品を拝見したくなった。