本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION

動画を見る

太陽を盗んだ男 ULTIMATE PREMIUM EDITION

出演者: 沢田研二   監督: 長谷川和彦  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
発売日: 2001年9月21日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):7,260円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

原爆を作った男が政府を脅迫する……。荒唐無稽なストーリー、斬新なカメラワークなどで、今でも高く評価されるアクション映画をDVD化。特典映像をまとめたディスクとセットになった2枚組。

あらすじ

原爆をつくり上げた中学教師が、国家を相手に理不尽な要求を突きつけていく痛快犯罪サスペンス。中学校の理科教師、城戸誠。東海村の原子力発電所からプルトニウムを盗み出し、自宅のアパートで原子爆弾の製造に成功する。城戸は原爆を武器に、警察に対してプロ野球のTV中継を最後まで見せろと要求。続いて城戸は、ローリング・ストーンズの日本公演をラジオ番組を通じて要求する……。

出演者/アーティスト

監督: 長谷川和彦脚本: 長谷川和彦音楽: 井上堯之出演者: 沢田研二出演者: 菅原文太出演者: 池上季実子出演者: 北村和夫出演者: 神山繁出演者: 佐藤慶出演者: 風間杜夫脚本: レナード・シュレイダー出演者: 小松方正出演者: 汐路章出演者: 森大河

収録内容

本編ディスク、特典ディスク

特典内容

コンポーネント・デジタル・ニューマスター
オリジナル劇場予告編収録

<特典ディスク内容>

SPECIAL FEATURES DISC:

THE LEGEND IS REBORN 映像証言:太陽を盗んだ男 (出演:長谷川和彦、山本又一朗、鈴木達夫、横尾嘉良、三石千尋・大友千秋(カー・スタント)、井上堯之、黒澤清/約84分)

熱・烈・対・談 俺の『太陽を盗んだ男』(出演:長谷川和彦、永瀬正敏、樋口慎嗣(特技監督)/約35分)

映画と歩く「上田正樹が『太陽を盗んだ男』と歩く」特別編 (WOWOWオンエアのロケ地探訪番組。出演:上田正樹/約16分)

11PM“ステキ!! ジュリーってゲンバクみたいに強ョーイ男?!”特別編 (公開直前の1979年9月20日にオンエアされた「11PM」での『太陽を盗んだ男』特集を特別編集版で収録。出演:沢田研二、長谷川和彦 司会:藤本義一、テレサ野田/約20分)

プロモーション・ビデオ『太陽を盗んだ男 プレミアム・ニューマスター版』PV (DVDと同時リリースニューマスター版ビデオのインナー・プロモーション・ビデオ/約2分30秒)

静止画データ集 (キャスト18名、スタッフ22名に及ぶ詳細プロファイル・デ-タ集

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 字幕:英語
  • 音声:1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:片面2層×1+片面1層×1
  • メーカー:アミューズソフトエンタテインメント
  • 商品番号:ASBY1937

  • 制作年(発売年):1979
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 昔の邦画は すごかった

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:dkdk wkwk  投稿日:2017年11月25日

    最初からドキドキの展開。 物語の展開に見入って、濃密すぎる内容に、長編ドラマを観たような錯覚に陥った。 たった2時間で、これだけの作品が作れた。 かつての邦画製作者達は、これほどの能力を持っていたのだなと感激しました。 ゲリラ撮影が多数用いられている作品とのこと、その情熱をアチコチに感じる作品です。 また観たい。 否、手許に置きたい素晴らしい作品です。
  • 感謝

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:ちやみん  投稿日:2012年4月11日

    この作品に出会えたことに感謝したいくらいの傑作。自信を持ってオススメできます。
  • 沢田研二

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:ふぉず  投稿日:2011年11月7日

    普段この年代の邦画は観ないですが観てよかったです。 沢田研二いいですね。女装綺麗でした(笑)
(C)1979 東宝/フィルムリンク・インターナショナル