本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

白夜 スペシャル・エディション

出演者: 眞木大輔   監督: 小林政広  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
(2枚組み)
発売日: 2009年12月25日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,076円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

元彼を待っていた朋子とバックパッカーの立夫。フランスはリヨンの橋の上で出会った日本人男女が、急速に惹かれ合っていく……。たった1日限りのラブ・ストーリーを、眞木大輔と吉瀬美智子の顔合わせで描き上げる。

あらすじ

「バッシング」「愛の予感」の小林政広監督がEXILEの眞木大輔とTV「BOSS」の吉瀬美智子を主演に迎え、フランス・リヨンで繰り広げられる1日だけの恋の顛末を描く大人のラブ・ストーリー。冬のリヨン。赤い橋の上で偶然出会った日本人の男と女。男は1年間ヨーロッパを放浪して今夜の便で日本に帰国するバックパッカー。女は別れた恋人を追ってこの街までやって来た元OL。突然声を掛けてきた見知らぬ男に最初は警戒する女だったが…。

出演者/アーティスト

出演者: 眞木大輔出演者: 吉瀬美智子監督: 小林政広原作者: 小林政広脚本: 小林政広音楽: 佐久間順平

収録内容

本編ディスク、特典ディスク

特典内容

<映像特典>

本編ディスク:

劇場予告編
キャスト、スタッフプロフィール

特典ディスク:

メイキング

<封入特典>

ポストカード(3枚組)
ブックレット
アウターケース(スリーブケース)

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 組数:2枚組
  • 収録時間:01:24:00
  • 音声:1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2枚組
  • メーカー:ハピネット
  • 商品番号:BIBJ7699

  • 制作年(発売年):2009
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 欧州にはリヨンより美しい街がある

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:紫衣名  投稿日:2012年4月21日

    ストーリーの流れとは云え美食が組み込まれていなくて残念★ MAKIDAIの演技いつもよりはマシかと... 吉瀬美智子を季節外れの白いドレスでフラつかせるセンスが理解できない(-"-) いくら弱ってるトコロにツケ込むったって恋に堕ちる説得力が無さ過ぎでは!!?
  • なんとも…。

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:ユリタツママ  投稿日:2011年2月12日

    吉瀬美智子が好きなのでレンタルで借りて観ました。 レビューにあるように、やはり画面の揺れが気になりました。 フランス・リヨンの景色と二人の美しさは絵になるわ〜と思いながら観てました。 ですが、エンディング…私は納得いかないような…。え〜!と思ってしまいました。 監督は一人旅でたまたま出会った女性と恋におちた的な話だと言ってましたが、エンディングで私は吉瀬美智子演じる朋子に感情移入してしまい、観終わった後は放心状態でした。脱力感というか…。 観た方の感想をたくさん聞いてみたい作品ですね。
  • 悪くないのに、良くもない。

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:あるびの  投稿日:2010年12月23日

    とにかくカメラを固定してくれ〜!!! っという感じで…画面が揺れまくって気分が悪くなります。 MAKIDAIの演技に釣られて 2人のシーンでは吉瀬美智子の演技もレベルが低くて、2人の演技のレベルの低さが気になりイライラ感からストーリーに集中できないくらいヤバい。 終盤、吉瀬が1人になるところからは吉瀬の演技も持ち直し やっとストーリーに集中出来るも… 何とも後味の悪いラストです。 MAKIDAIか吉瀬のファンじゃなければ観るに耐えない作品かも…。 特典映像はMAKIDAIファンなら観るべし!成田を出発する所からクランクアップまで撮影されています。 MAKIDAIがきちんとしたスタンド・セット・機材でインタビューされているのに対し 吉瀬のインタビューは 撮影の合間にテキトーに撮られたホームビデオ感ムンムンな感じ… でも風邪っぴきで鼻声の吉瀬インタビューも ある意味 貴重映像かな(笑)
(C)2009 「白夜」製作委員会