本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

コクリコ坂から

コクリコ坂から

出演者: 長澤まさみ   監督: 宮崎吾朗  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
ブルーレイディスク
発売日: 2012年6月20日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):7,344円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

こちらもチェック!

コクリコ坂から
DVD
TOL販売価格(税込):4,466円(12%OFF) / Tポイント:103pt 
[Tポイント5倍]
コクリコ坂から 横浜特別版 [初回限定盤]
DVD
価格(税込):5,400円/ Tポイント:125pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

宮崎吾朗監督第2作となるスタジオジブリの劇場版アニメ。東京オリンピックの開幕を目前に控えた1963年の横浜。由緒ある建物を巡る紛争の中で出会った二人の高校生、海と俊は互いに惹かれあっていくが……。声の出演は長澤まさみ、岡田准一ら。

あらすじ

1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督で映画化した長編アニメーション。1963年の横浜を舞台に、学生運動に身を焦がす若者たちの姿と、出生の秘密に揺れる一組の男女の恋の行方をノスタルジックに綴る。1963年、横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”。ここに暮らす16歳の少女、松崎海は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。そんな海が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会い、2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。

出演者/アーティスト

原作者: 高橋千鶴原作者: 佐山哲郎監督: 宮崎吾朗脚本: 宮崎駿脚本: 丹羽圭子音楽: 武部聡志出演者: 長澤まさみ出演者: 岡田准一出演者: 竹下景子出演者: 石田ゆり子出演者: 風吹ジュン出演者: 内藤剛志出演者: 風間俊介出演者: 大森南朋出演者: 香川照之

特典内容

特殊パッケージ仕様

<映像特典>

絵コンテ (本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)
アフレコ台本
『コクリコ坂から』公開記念 手嶌葵 360°ライヴ in nicofarre
手嶌葵 「さよならの夏~コクリコ坂から~」 主題歌PV
主題歌発表記者会見
初号試写後の挨拶
初日舞台挨拶
予告編集

商品仕様

  • アイテム名:ブルーレイ
  • 形式:ブルーレイディスク
  • 収録時間:01:31:00
  • 字幕:日本語・英語・フランス語・韓国語・広東語・北京語
  • 音声:1:リニアPCM/ステレオ/日本語2:DTS-HD Master Audio/5.0chサラウンド/日本語/(ロスレス)3:DTS/5.0chサラウンド/フランス語4:DTS/5.0chサラウンド/韓
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2層(50GB)
  • メーカー:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
  • 商品番号:VWBS1323

  • 制作年(発売年):2011
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 好きな作品

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:イチゴ@華流  投稿日:2014年7月5日

    とにかくアニメ感が全くなく、昔のドラマを鮮明にみている感じでした。 オススメです(*≧∀≦*)
  • 完璧な伏線

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:直木賞  投稿日:2012年10月17日

    この映画は、大人向きです。 幼稚な断片的にみて楽しめる映画とは違い、全部をみて、伏線があることに気がつく映画です。 人物関係に頭を使う映画ですが、内容は当時の1960年代をうまく描いており、完璧です。 他の方のレビューが悲惨なことになっていますが、「内容をたどる」ような幼稚な見方しかできないんでしょうか。 心情や背景、わざと工夫した遊び心を取り込んだ部分など、きちんと読み取れていないのでしょう。 つまり、バカが見ると理解ができない映画です。
  • コクリコ坂

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:ななみ  投稿日:2012年8月22日

    2人のこれからをもう少し見てみたかったけど、おもしろかった♪
(C)2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT