本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

アリス・イン・ワンダーランド MovieNEX(Blu-ray&DVD)

出演者: ミア・ワシコウスカ   監督: ティム・バートン  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
ブルーレイディスク
(2枚組み) (再発売)
発売日: 2016年11月2日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):4,320円
  • TOL販売価格(税込):3,801円  (12%OFF)
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

ティム・バートン×ジョニー・デップの鉄板タッグで贈る、摩訶不思議なファンタジー。『不思議の国のアリス』のヒロイン、アリスが19歳に成長し、再び“ワンダーランド”で冒険を繰り広げていく。
(再発売)

あらすじ

「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン監督とジョニー・デップの名コンビが贈る冒険ファンタジー。ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に、19歳に成長したアリスの新たな冒険を、最新の3D映像技術で鮮やかに描き出す。ヒロイン、アリス役には新星ミア・ワシコウスカ。子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、突然のプロポーズを受け困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランドだったのだが…。

収録内容

「アリス・イン・ワンダーランド」 Blu-ray、「アリス・イン・ワンダーランド」 DVD、デジタルコピー、MovieNEX ワールド (進化型コンテンツ/ラインナップは随時更新・追加される予定です。)

特典内容

<映像特典>

Blu-ray:

キャラクターたち:
アリスを探して
ジョニー・デップが語るマッドハッター
ファッターワッケン
赤の女王
赤の女王:早送りメイクアップ風景
白の女王
メイキング・オブ 『アリス・イン・ワンダーランド』:
音楽について
不思議な世界の住人たち
スタントについて
大きくなったり、小さくなったり
ケーキの秘密
お茶会の小道具

DVD:

ジョニー・デップが語るマッドハッター
アリスを探して
不思議な世界の住人たち

商品仕様

  • アイテム名:ブルーレイ
  • 形式:ブルーレイディスク
  • 組数:2枚組
  • 収録時間:01:49:00
  • 字幕:日本語・英語・日本語吹替え用字幕
  • 音声:1:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/英語/(ロスレス/マトリックス)2:DTS-HD Master Audio/6.1chサラウンド/日本語/(ロスレス/マトリックス)
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • メーカー:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • 商品番号:VWAS6321

  • 制作年(発売年):2010
  • 制作国:アメリカ
  • 原題:ALICE IN WONDERLAND

ユーザーレビュー

  • 好みが分かれるなあ

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:うっちぃ  投稿日:2013年8月11日

    映像や色使いやデザイン、メイクも特殊と言える。気持ち悪いの一歩手前。アリスだけでなく、全てのキャストが主人公に思える。奇抜なだけでは、感動が無いかも。
  • 微妙。。

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:R  投稿日:2012年9月23日

    ティムバートン作品なので楽しみにしながら、いざ鑑賞してみると彼の独特な世界観を全く感じることが出来ませんでした。。内容もダラダラしていて微妙。猿の惑星を見たときのガッカリ感がよみがえりました。しかし、ヘレナは相変わらず最高です!
  • 映像美が良かった

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:VERY  投稿日:2012年5月25日

    劇場で観ました。原作の細部まで知らないので相違点があったかは不明。 映像が美しく、ストーリー展開もテンポがいいし、無駄がない。 だけど、期待過剰過ぎたのか?なんか拍子抜けだした。ラストをもっとスケール大きく描いて欲しかった。ティム・バートンの作品って、当たり外れの差が大きいように感じるし、特に最近は残念な感じが強いです。キャラは巧く描かれていたので、愛着が沸きました。
(C) 2016 Disney