本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

連続ドラマW 下町ロケット DVD

連続ドラマW 下町ロケット DVD

出演者: 三上博史   監督: 鈴木浩介  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
(3枚組み)
発売日: 2012年1月6日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):12,312円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる
DBの接続に失敗しました

こちらもチェック!

連続ドラマW 下町ロケット Blu-ray
ブルーレイディスク
価格(税込):15,228円/ Tポイント:352pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

池井戸潤の小説を三上博史主演で映像化したWOWOWドラマ。ロケット開発者から一転、実家の町工場を継いだ主人公・佃航平。最先端特許を取得し、大企業と対立しながらモノ作りを推し進める姿を描く。

出演者/アーティスト

原作者: 池井戸潤脚本: 前川洋一監督: 鈴木浩介監督: 水谷俊之音楽: 羽岡佳出演者: 三上博史出演者: 寺島しのぶ出演者: 池内博之出演者: 綾野剛出演者: 原田夏希出演者: 眞島秀和出演者: 松尾諭出演者: 美山加恋出演者: 奥田恵梨華出演者: 長内美那子

収録内容

【Disc-1】
下町ロケット

【Disc-2】
下町ロケット

【Disc-3】
下町ロケット

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 組数:3枚組
  • 収録時間:04:10:00
  • 音声:1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:3枚組
  • メーカー:ポニーキャニオン
  • 商品番号:PCBP61968

  • 制作年(発売年):2011
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 三上博の演技が阿部寛より

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:猫娘  投稿日:2015年10月28日

    下町ロケットがTBSの連ドラになり三上博の下町ロケットを先に見た人達はこぞって阿部寛の演技より三上博の演技力を誉めていたのを読んで自分の目で確かめてみたいと思い見て見ました結論から言うとやはり主役の三上博の演技の方が阿部寛の演技より上手いと思いました阿部寛の方は下手ではないのですがやはり半沢の影響でくどく熱く演技しているのが好きではなかったのででもドラマ全体の脚本演出はやはり半沢で視聴率をあげただけTBSの連ドラマの方がやはり見ていてハラハラムカムカする度合いが上でした三上博のドラマは主役の演技はいいのですがどうもあっさり淡々としていて惹き付けられませんでした三上博のドラマでよかったのは主役を助ける弁護士役を寺島しのぶが演じていますがやはり演技派女優だけあって芸人の恵より演技が上手く主役と一緒に戦ってくれる頼りになる優秀な弁護士役が似合ってました
  • 夢と信念と覚悟と

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:Fencerqueen  投稿日:2014年2月9日

    ご多聞に漏れず、半沢直樹で火がついて、どうしようもない渇望感でこの作品にたどり着きました。正直、一話目でエンジンがかからなかったのが、気付けば拍手喝采の涙に…。やっぱり、仕事に夢と信念と覚悟を持った人生は本当に格別なものになることを、再認識させてくれる。役者さんの配置が素晴らしく、説得力のあるドラマを展開し感情移入出来る、間違いなく快作の一つ。是非ご覧いただきたい。
  • よくできたドラマです

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:池井戸ファン  投稿日:2013年10月15日

    久しぶりにいいドラマ(映画)を見ました。 主人公たちと一緒に笑い、泣きの数時間でした。 原作を読んだ直後に、ドラマを見たくなって見たため、どうしても原作のイメージとの比較になりがちで、ついつい「あれ?違うな」というパターンになりますが、キャスティングにせよ、脚本にせよ、このドラマは違和感がなく、純粋に楽しめました。よくできたドラマなんだと思います。 三上さんは最近はあまり見かけませんが、役者として実力もあり、好きな役者さんです。最初は「こんな小ざっぱりとした町工場の社長がいるか?」という目で見ていましたが、そのうちだんだん町工場の社長に見えて来るから不思議です。 弁護士役は原作は男性ですが、ドラマでは女性です。池井戸作品の弱点は、どうしてもオヤジ中心で、女性が登場する機会が少ないことで、映像作品にするには、こういう変更はやむを得ないのかと。他にも原作にはない江原の彼女や財前の妻役等が登場しますが、脚本全体から見ると必然性があって納得できるようになっています。 何よりも殿村役の小市慢太郎さんがちゃんとひげを剃って演じてくれていたのがうれしかったです。
(C)2011 WOWOW