本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

アントキノイノチ DVDプレミアム・エディション

出演者: 岡田将生   監督: 瀬々敬久  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
(2枚組み)
発売日: 2012年5月25日
PG-12
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):6,156円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

さだまさしが2009年に発表し話題を呼んだ小説を岡田将生、榮倉奈々らの出演で映画化。高校時代に友人を亡くし、心を閉ざしてしまった杏平。父の紹介で“遺品整理業”の仕事に就き、そこで出逢ったゆきと心をかよわせていくが……。

あらすじ

さだまさしの同名小説を「雷桜」の岡田将生、「余命1ヶ月の花嫁」の榮倉奈々主演で映画化した感動ストーリー。それぞれに心に傷を持つ若い男女が、“遺品整理業”の仕事を通して“生と死”に正面から向き合い成長していく姿を描く。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「感染列島」の瀬々敬久。高校時代の辛い記憶から自分を責め続け、心を閉ざす青年、永島杏平。彼は父親の紹介で、遺品整理業“クーパーズ”で働くことに。それは、遺族に代わって故人の部屋を片付け、遺品の整理をする過酷な仕事。それでも、先輩の佐相や久保田ゆきの下で仕事を学び、故人と遺された人々との様々な最後の別れに立ち会っていく。そんなある日、杏平はゆきの手首にリストカットの跡を見つけるが…。

出演者/アーティスト

原作者: さだまさし監督: 瀬々敬久出演者: 岡田将生出演者: 榮倉奈々脚本: 田中幸子脚本: 瀬々敬久出演者: 松坂桃李出演者: 鶴見辰吾出演者: 檀れい出演者: 染谷将太出演者: 柄本明出演者: 堀部圭亮出演者: 吹越満出演者: 津田寛治音楽: 村松崇継

収録内容

本編ディスク、特典ディスク

特典内容

<映像特典>

特報・予告・TVスポット集
インタビュー集 (岡田将生/榮倉奈々/原田泰造/松坂桃李/瀬々敬久(監督)/さだまさし(原作)/吉田太一(キーパーズ代表))
ドラマ「アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋」
イベント映像集
メイキング

<音声特典>

コメンタリー (瀬々敬久監督、鍋島淳裕(撮影)、磯見俊裕(美術)、平野隆プロデューサー)

<封入特典>

ゆきのアルバム

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 組数:2枚組
  • 収録時間:02:11:00
  • 字幕:日本語
  • 音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(音声ガイド)3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(音声解説)
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2枚組
  • メーカー:ポニーキャニオン
  • 商品番号:PCBP52579

  • 制作年(発売年):2011
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 残酷な周囲

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:うっちぃ  投稿日:2013年5月8日

    いじめも陰湿だし、周囲もおかしいと声に出さないで、自分を守り無難に過ごそうとする。輪の中に入らないと異質とされ、いじめの対象となる。こんな人達が家庭を持ったり世の中を渡り歩くと思うとおそろしい。
  • もっと人間ドラマを…

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:シナモン  投稿日:2012年11月27日

    メインは杏平とユキの過去のことについてだがもっと遺品整理をした人の人間ドラマについてもう少し掘り下げてやってほしかった。 あとあの終わり方はないなと思いました。 期待して見たのでとても残念な作品でした。
  • 繋がっていく命

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:さえこ  投稿日:2012年10月10日

    それぞれに心の傷を持つ杏平とゆきが、遺品整理業の仕事を通して、自らの内面に向き合っていきます。 杏平の高校時代の回想シーンが、合間合間に組み込まれているのですが、現代の若者の自分勝手さ、心の弱さが垣間見え、とても気分が良いものではなかったですし、個人的には理解し難かったです。 あまり共感もできない点から、中弛みはしましたが、今現在ちゃんと生きたいと望んでも、前に踏み出せない辛さに関しては、杏平とゆきから感じることができました。 二人が従事した遺品整理業という仕事から、死は生の延長だということを感じさせられ、あのときなくしてしまった命、なくさなかった命、人の命すべてがどこかで繋がっているという、生と死についてを考える良い機会になった作品だと思います。 岡田将生と榮倉奈々の演技も思った以上に良くて心を動かされました。 ですが、最後の最後でなんとなく美化されたような演出が、雰囲気を壊してしまった気がして少し残念にも思いました。
(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会