本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ
  • R-18

ナイトライダー シーズン1 バリューパック

ナイトライダー シーズン1 バリューパック

出演者: デビッド・ハッセルホフ   出演者: エドワード・マルヘア  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
(8枚組み)
発売日: 2012年7月4日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,122円
  • TOL販売価格(税込):2,561円  (50%OFF)
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

この商品の説明

あらすじ

瀕死の重傷を負った刑事マイケル・ロングは大富豪ウィルソン・ナイトに助けられ整形手術を受け、マイケル・ナイトとして蘇る。彼は“キット”と呼ばれる人格機能を持つコンピュターを搭載したスーパーカー、ナイト2000を与えられ、ナイト財団の責任者デヴォン、女性メカニックのボニーらとともに“陰謀と破壊と、犯罪の渦巻く現代に蘇る正義の騎士”として悪と戦う。主演は「ベイウォッチ」のデヴィッド・ハッセルホフ。時速480キロで自動走行し、抜群のデータ収集・分析能力をもち、おせっかい過ぎるほど世話を焼くキットと、美女に弱いマイケルのコンビぶりが魅力のカーアクション・ドラマ。

収録内容

「重戦車砲撃綱大突破」、「荒野の大戦争!地獄の暴走族 スコーピオンズ対ナイト2000」、「炸裂サミーの壮絶スタントショー」、「死の山荘脱出作戦!ナイト2000殺しのバリケード大突破!!」、「命をつなぐ水 渓谷の水を守りぬけ」、「デボン逮捕!決死の脱獄 迫る巨大トレーラー!橋上の対決」、「激闘!善と悪2台のナイト2000」、「決死の替え玉作戦!ナイト2000凶悪武装軍団(秘)計画を暴け!!」、「消えた証人を探せ!ナイト2000波止場の大激突!!」、「潜入!殺人アカデミー テロリストの野望を砕け」、「大統領暗殺犯を追え!記憶喪失の美女の謎」、「闇の武器商人を追え!マイケル決死の潜入捜査!」、「爆殺!狙撃!事故続出!恐怖のサバイバルレースに勝て!!」、「殺しの暗号トパーズの謎!大追跡!ジェット機に飛び乗れ!」、「偽礼大量生産!!平和な町にはびこる組織犯罪」、「激突!キット対マイケル 悪魔の洗脳!奪われたナイト2000」、「危機一髪!ナイト2000 窮地の女性を救え!」、「陰謀を暴け!トラック乗りを狙う強盗」、「コンピューター泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!!」、「電子頭脳スーパーカー誕生」、「死の銃撃戦!マイケル・ナイト2000」、「新ナイトライダー2000」

特典内容

[1]KNIGHT RIDER:UNDER THE HOOD/[2]K.I.T.T.OWNER’S MANUAL/[3]BLUEPRINTS GALLERY/[4]PHOTO GALLERY/[5]KNIGHT MOVES/[6]KNIGHT SOUNDS/[7]“KNIGHT OF THE PHOENIX”COMMENTARY WITH DAVID HASSELHOFF AND WRITER・CREATOR GLEN LARSON

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 組数:8枚組
  • 収録時間:19:28:00
  • 字幕:日本語・英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語吹替え用字幕・
  • 音声:1:ドルビーデジタル/モノラル/英語2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:4:3
  • 面層:8枚組
  • メーカー:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 商品番号:GNBF3008

  • 制作年(発売年):1982~1983
  • 制作国:アメリカ
  • 原題:KNIGHT RIDER

ユーザーレビュー

  • この車欲しい!

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:ナオポン  投稿日:2010年7月6日

    海外ドラマの代表作といっても良いと思います。最高の人工知能で動く車「キット」と繰り広げるドラマですが、車好きの男性には堪らない作品です。 また、登場するキャストの紹介を毎回するのですが、そのときのセリフも大好きで、特にメカニック担当のエイプリルが好きです!
  • いい

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:めびうす  投稿日:2005年2月20日

    80年代の金字塔といえるべき作品ですねー小さい頃はよくこれに乗りたいとよく思いましたねーしかしあの80年代だからこそ流行ったのでは?いまはちょっとねーという気がするがー時代の流れとして。近い将来こーいう車はでるんでしょうねー携帯電話がでたように。
Film(C)1982/2004 Universal Studios. All Rights Reserved.