本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

ストロボ・エッジ 豪華版

出演者: 福士蒼汰   監督: 廣木隆一  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
発売日: 2015年9月16日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):5,184円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

こちらもチェック!

ストロボ・エッジ
DVD
価格(税込):3,780円/ Tポイント:87pt 
[Tポイント5倍]
ストロボ・エッジ 豪華版
ブルーレイディスク
価格(税込):6,264円/ Tポイント:145pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

咲坂伊緒の大人気純愛少女コミックを、福士蒼汰、有村架純の豪華共演で実写映画化。同じく映画化されヒットを記録した『アオハライド』の原点ともいえる作品で、“登場人物全員が片想い”という切ない学園ラヴ・ストーリーだ。

あらすじ

咲坂伊緒の同名少女漫画をTV「あまちゃん」の福士蒼汰と有村架純主演で映画化した青春純愛ストーリー。恋をしたことのない高校1年生のヒロインが、恋人のいる同級生を相手に繰り広げる切ない初恋の行方を瑞々しく綴る。監督は「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。いまだ恋をしたことのない高校1年生の木下仁菜子は、同級生のイケメン男子、一ノ瀬蓮に心惹かれる。しかし彼は、学校中の女子の注目の的であるばかりか、中学のときから付き合っている年上の彼女もいた。それを承知で蓮に告白し、案の定フラれてしまう仁菜子。ところが、そんな仁菜子の真っ直ぐな想いが、少しずつ蓮の気持ちに変化をもたらしていく。一方、蓮との友だち関係だけは壊したくないと、自分の気持ちを懸命に押さえ込む仁菜子だったが…。

出演者/アーティスト

出演者: 福士蒼汰出演者: 有村架純原作者: 咲坂伊緒監督: 廣木隆一脚本: 桑村さや香出演者: 山田裕貴出演者: 佐藤ありさ出演者: 入江甚儀出演者: 黒島結菜音楽: 世武裕子出演者: 小篠恵奈出演者: 松尾薫出演者: 岡本杏理出演者: 今野鮎莉

収録内容

本編ディスク、特典ディスク

特典内容

特製アウターケース&特製デジパック仕様

<封入特典>

咲坂伊緒イラスト×映画場面写真による “壁ドン・肩ズン・袖クル” オリジナル(W面)ポストカード3枚セット
豪華ブックレット

<映像特典>

本編ディスク:

予告編集(特報/予告/TVスポット)

特典ディスク:

福士蒼汰・有村架純が語るハイライトシーン・ビジュアルコメンタリー
メイキング
特番 福士蒼汰&有村架純「ストロボ・エッジ」胸キュン・トークSP
イベント映像集 (完成披露舞台挨拶/女子高校課外授業イベント/初日舞台挨拶/大ヒット舞台挨拶/「アオハル」「ストロボ」コラボ舞台挨拶)

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 収録時間:01:56:00
  • 字幕:日本語
  • 音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2枚組
  • メーカー:東宝
  • 商品番号:TDV25355D

  • 制作年(発売年):2015
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 残念

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:ナランチャ  投稿日:2016年5月10日

    原作の漫画が面白かっただけに映画は少しがっかりしました
  • 期待してない分

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:みー  投稿日:2016年4月15日

    ストロボ・エッジたのしかったです。 原作を読んでいないからか、この後どうなるんだろうとハラハラドキドキできたし、主人公の一途さに応援したくなりました。 悲しいシーンでは悲しくなり、うれしいシーンでは恥ずかしくなったりとこちらも楽しく先入観できるストーリーでした。 キャストも大好きな人なので、たのしく観ることが出来ました。 何歳になってもきゅんきゅん出来るドラマっていいですねぇ(о´∀`о)
  • 残念な感じ

    カッコイイ: ★☆☆☆☆

    レビュアー:クローバー  投稿日:2016年1月30日

    期待した私がバカだった… 盛り上がりもなく、キュンとするシーンもなく、二人ともボソボソ話すし。残念としか言いようがありません。
(C)2015 映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社