本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

怒り(豪華版)

出演者: 渡辺謙   監督: 李相日  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
DVD
発売日: 2017年4月12日
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):6,264円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

こちらもチェック!

怒り
DVD
価格(税込):4,104円/ Tポイント:95pt 
[Tポイント5倍]
怒り(豪華版)
ブルーレイディスク
価格(税込):7,344円/ Tポイント:170pt 
[Tポイント5倍]

この商品の説明

監督/脚本・李相日、原作・吉田修一 という『悪役』タッグによるヒューマン・ミステリー。渡辺謙、森山未來、広瀬すず、松山ケンイチほか豪華キャストとともに、夫婦殺人事件をきっかけに“信じる”ということを問いかける重厚な物語を描く。

あらすじ

「悪人」の李相日監督が再び吉田修一の小説を映画化したヒューマン・ミステリー。残忍な殺人事件が発生し、犯人が逃亡して1年後、千葉・東京・沖縄に現われた前歴不詳の若い男3人が、やがてその土地で新たな愛を育んでいく中、真犯人を巡る謎と、愛する人が犯人ではとの疑念が引き起こす葛藤のドラマを描く。八王子で残忍な夫婦殺人事件が起こるが、犯人の行方は杳として知れず、整形して日本のどこかで一般市民に紛れて逃亡生活を送っていると見られていた。事件から1年後、千葉・東京・沖縄に素性の知れない3人の青年が現われる。歌舞伎町の風俗店で働いているところを発見され、千葉の漁港で働く父・洋平に連れ戻された愛子。漁港にふらりと現われ働き始めた青年・田代と恋に落ちるが…。

出演者/アーティスト

監督: 李相日出演者: 渡辺謙原作者: 吉田修一脚本: 李相日出演者: 森山未來出演者: 松山ケンイチ出演者: 綾野剛出演者: 広瀬すず出演者: 佐久本宝出演者: ピエール瀧出演者: 三浦貴大出演者: 高畑充希(みつき)出演者: 原日出子音楽: 坂本龍一

収録内容

本編ディスク、特典ディスク 1、特典ディスク 2

特典内容

<映像特典>

本編ディスク:

予告編集

特典ディスク 1:

ドキュメント怒り 東京・沖縄・千葉それぞれの夏 (アウトテイク&メイキング映像で構成されたスペシャルメイキング映像)
特番 「映画 『怒り』 公開記念 犯人は誰だ! 豪華キャストが語る未解決事件スペシャル」
イベント映像集 (映画祭登壇時や映画公開時に行われたイベント映像集)

特典ディスク 2:

本編ビジュアルコメンタリー (収録メンバー:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、李相日監督)

<封入特典>

ブックレット (40P/未公開スチールや、スタッフインタビューを収録したブックレット)

商品仕様

  • アイテム名:DVD
  • 収録時間:02:22:00
  • 字幕:日本語
  • 音声:1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
  • リージョンコード:
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • メーカー:東宝
  • 商品番号:TDV27153D

  • 制作年(発売年):2016
  • 制作国:日本

ユーザーレビュー

  • 親子二人の演技が好き。

    カッコイイ: ★★★★★

    レビュアー:ニータック  投稿日:2017年7月23日

    全角500文字までカルトやサイコパス系とは異なります。タイトルの怒りとは、映画のストーリーとして具現化されたものであり、リアルな世界でも、人間関係、嗜好、思想、金銭等の考えかたで、誰でも起こりえるストレス、精神的苦痛の固まりが怒りではないでしょか?。映画で観ると超越して感じるけど、身近に存在する人間の感情。そう感じさせてくれた映画でした。この映画の怒りは恐ろしく感じました。まあ単純明快だけど最後に松山ケンイチが戻ってくる事になってホットした。この親子の演技はとても好きでした。
  • ??

    カッコイイ: ★☆☆☆☆

    レビュアー:けん  投稿日:2017年7月7日

    ストーリーや演技に騙されるけど、主役は誰だ?? なんか全体的に中途半端で消化不良な印象
  • 原作とは似て非なるもの

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:コージ  投稿日:2017年6月18日

    1.ゲイの描き方が短絡的で潜在的な悪意を秘めている。 2.沖縄の描き方も表面的で問題意識が伝わってこない。 3.女性は何かあると泣き叫ぶばかりで、それ以外の時は常に男に気に入られるような行動を取らされており、ここに監督のマッチョで男尊女卑的、あるいは幼稚な無意識が顕われており、全体として男目線で女性やマイノリティに対する理解が欠けた中途半端な作品と言わざるを得ない。 唯一救われるのは松山ケンイチの控えめな演技と沖縄の海の美しさのみ。
(C)2016 映画「怒り」製作委員会