本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメストア

ジャンヌ・ダルク 廉価版

出演者: ミラ・ジョヴォヴィッチ   監督: リュック・ベッソン  
Mail登録すると、関連商品の予約開始や発売の情報をお届け!!
ブルーレイディスク
(再発売)
発売日: 2015年1月16日
PG-12
mixiチェック

はじめてご利用で300円ギフト券もれなくプレゼント!

  • 価格(税込):2,700円
この商品は他のサービスでも扱っています
ネットで借りる

こちらもチェック!

ジャンヌ・ダルク 廉価版
DVD
特価(税込):1,080円  (33%OFF)
Tポイント:25pt

この商品の説明

フランス救国の英雄と称えられながら、一方で魔女や狂人とも囁かれてきたジャンヌ・ダルク。教会で“神の声”を聞いたのち、戦場を駆け抜けた少女の短くも悲劇的な半生を、リュック・ベッソン監督が独自の解釈で捉えたスペクタクル大作。
(再発売)

あらすじ

リュック・ベッソン監督がフランス歴史上名高い少女、ジャンヌ・ダルクの悲劇を描いたスペクタル・ロマン。フランス救国の英雄と謳われながらも、聖処女、狂人、魔女とさまざまに囁かれてきたジャンヌを、ベッソンが独自の解釈で捉える。ミラ・ジョボヴィッチ、ジョン・マルコビッチ、ダスティン・ホフマン共演。百年戦争下のフランス。英国軍に両親を殺され、親戚のもとに引き取られたジャンヌ。ある日教会で神の声を聞いた彼女は、自分が神の使者であると確信する。やがて成長した彼女は、王太子に認められフランス軍を指揮。彼女の存在で軍は息を吹き返し、闘いは奇跡的な勝利を収めるが...。

収録内容

【Disc-1】
ジャンヌ・ダルク(原題:JOAN OF ARC)

特典内容

<映像特典>

予告編集 他

商品仕様

  • アイテム名:ブルーレイ
  • 形式:ブルーレイディスク
  • 収録時間:02:38:00
  • 字幕:日本語・英語
  • 音声:1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
  • 色彩:カラー
  • 映像方式:16:9/LB
  • 面層:2層(50GB)
  • メーカー:角川書店
  • 商品番号:ACXF90914

  • 制作年(発売年):1999
  • 制作国:フランス/アメリカ
  • 原題:THE MESSENGER: THE STORY OF JOAN OF ARC/JEANNE D’A

ユーザーレビュー

  • 天から降りてくる剣。

    カッコイイ: ★★★★☆

    レビュアー:たま  投稿日:2013年5月11日

    リュックベッソンは昔、1ヶ月のお小遣いを貰ったら3日で使っちゃうタイプだったに違いない。前半はいつも派手に盛り上がるのに中盤・後半と、必ずと言っていいほど失速してしまう。全体をまとめる構成力というか、計画性みたいなものが根本的に欠けているのだ。だから本来クライマックスであるはずの火刑シーンへの流れも、「分かったから、そろそろまとめにかかれよ」と思う始末。 ただ、唯一面白かったのはジャンヌの妄想がいかにナンセンスだったかをビジュアルで見事に表現したあの『空から降りてくる剣』のシーン。 まるでモンティパイソンみたいな皮肉たっぷりな表現に思わず笑ってしまった。そういえばフランスの物語なのにすべて英語というのも変だ。 いっそのことテリーギリアムあたりに頼んだほうが良かったのかもしれない。
  • ジャンヌダルク

    カッコイイ: ★★★☆☆

    レビュアー:かおり  投稿日:2012年3月14日

    ジャンヌダルクの他の映画を見た事がないので比べようがありませんでした。でも、歴史としては、きちんと描かれていると思います。 ミラジョヴォビッチの瞳が良いですね。感情の色が波のように浮かぶ。猫の瞳みたいです。
  • イタタ・・・

    カッコイイ: ★★☆☆☆

    レビュアー:よしこ  投稿日:2011年11月9日

    白人が作る映画は、攻撃的でエグい。映画館で観ると、痛みが伝わってくるようで精神的にものすごい疲労感が残るから、戦争モノはあまり観れない。 それでもリュック・ベッソン&ミラ・ジョヴォヴィッチ夫妻が楽しみで観にいった。暗いお話で、リュック・ベッソンらしくないなぁ・・・と思ったら、二人は離婚してしまった。暗さは二人の雰囲気も含んでいたのだ。 その後の監督作はぱっとしないけど、夢に向かってもっとがんばってほしい。ミラは「戦うヒロイン」になり、今の時代のいちばん需要のあるヒロインを演じ続けている。
(C)1999 GAUMONT / EUROPACORP.