Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • グッズ
  • アニメ
  • R-18

ここでしか手に入らない名作が続々復刻!
日活ロマンポルノ傑作選

観なくてもよくわかる!団鬼六特集

団鬼六とは?

団 鬼六 夕顔夫人

解説
自堕落でボロアパートに住む男、木崎(鶴岡修)は、友人の堀口(中丸信)に連れられて出向いた高級クラブで、彼の憧れの存在である弦月流二代目家元、島原夢路(谷ナオミ)の妹由利子(宮井えりな)を紹介される。由利子は、清楚な姉にも増した美人であった。木崎は、夢路への妄執を募らせ、由利子を言葉巧みに騙して、嫌がる由利子を自室にひきずり込み、手足を縛って犯すのだった。木崎はポラロイドカメラで、由利子の屈辱的な写真を撮りまくり、激しく抵抗する由利子を、二度三度と狂ったように犯して己の底なしの欲望を満たした。弦月流生花展が執り行われる中、木崎は面識もない夢路の前に現れる。夢路はその視線に不気味なものを感じ取る。ある日、島原家に由利子の淫らな写真が送られて来る。愕然とする夢路のもとへ木崎から脅迫電話が入る。弦月流のスキャンダルとして写真をばらまかれたくなければ、三百万円をよこせ。警察に連絡するべきか弦月流の面目を保つべきか悩む夢路。そこで弟子の柴田和江(渡辺とく子)が木崎に会って話をつけることになったのだが、実は和江は木崎とは関係があり、以前からのSM仲間であった。木崎に会った和江は、由利子の一件を怒り、木崎を責めはするものの、逆に木崎に締め上げられ自分も嗜虐の悦楽に身を投じるのだった。そして和江は金を用意した夢路と木崎の元に出向く。木崎は大金を手に入れ、写真を返した。夢路は写真を見るうちに羞恥に手は震え、あられもない男女の絡み合いに息がはずんでしまう。木崎の眼は、それを見逃さなかった。夢路は進められた紅茶を飲みほすと気を失う。和江が紅茶に薬を入れていたのだ。夢路は悪魔木崎の魔の手に陥った。夢路の羞恥と被虐にまみれた調教が始まった・・・。
SMの女王谷ナオミが残した羞恥と被虐の極致。団鬼六の傑作SM小説の映画化。1976年度作品。

⇒ 団鬼六原作のDVDはコチラ

あたし、もうガマンできないんです!宇能鴻一郎特集

宇能鴻一郎とは?

宇能鴻一郎のむちむちぷりん

解説
胸から、お尻にかけて、むちむちっとして、ぷりんとしてるので「むちむちぷりん」、そう主人に言われる山本洋子(片桐夕子)。ある日、主人良介(たけうちのぶし)の会社の鈴木課長(島村謙次)が突然訪問してくるが良介は競馬に夢中でそっちのけ。鈴木は、良介から洋子は最高のものをもっていると聞いていたので、ぜひそれを見せてくれとせがむ。洋子は、この命令に背くと良介の出世にひびくと考え、しかたなしに裸を見せる。当然のことながら興奮した鈴木課長は見るだけで収まらず、洋子の身体にむしゃぶりつく。ご機嫌で鈴木課長が帰ると今度は友達の慶子(宮井えりな)がマリ(牧れいこ)という娘を連れてやって来た。慶子達はその晩泊まるというので洋子は布団をひく。そして、ひさしぶりに大穴を当てた良介はハッスルして洋子と身体を重ねるも大興奮。終っていきつく間もなく、慶子とマリが洋子の愛撫を始めた。二人はレズビアンであったのだ。次の日、良介は前夜の興奮冷めやらず、儲けた金を洋子にくれてやる。洋子は喜んだ買い物に出かけるが、そこで偶然同級生の木下道彦(木下一)に出会う。懐かしむ二人は母校へ行って、教室の中で求めあい、燃える。日曜日、良介はいつものように競馬へ出かけると、今度は山根部長(八代康二)が訪ねて来て、鈴木課長と同じいやらしいことをする。まもなくして良介は課長に昇進! すると今度は親睦旅行で良介の部下たちが洋子にとっても愛想が良くなったのだった。
昭和大衆官能小説のヒットメイカー宇能鴻一郎の代表作の映画化。片桐夕子が活き活きと性に奔放な人妻を演じる。1977年度作品。

⇒ 宇能鴻一郎原作のDVDはコチラ