本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

おそい・はやい・ひくい・たかい

おそい・はやい・ひくい・たかい

No.109
雑誌
出版社:ジャパンマシニスト
発売日: 2020年07月25日
発行間隔: 1,7月の25日
  • 価格(税込):1,760円   
  • ポイント:8pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    ベテランの”技あり!先生”岡崎勝さん責任編集の”学校生活お役立BOOK”

    商品紹介

    学校に不安や疑問を感じたらぜひ読んでください。学校の裏側や先生の本音がズバズバわかります。ベテラン教員たちが、”漢字・割り算・作文”などの「学習技術」や”学校・PTA・親同士のトラブル解決方法”を伝授!また、思春期の子どもたちへの接し方のアドバイスも。

    目次

    おそい・はやい・ひくい・たかい109

    目 次
    〈おそい・はやい・ひくい・たかい〉を編むにあたって 2
    岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)

    「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき
    内田良子(心理カウンセラー)

    はじめに
    一本の細い道 13

    I 学校に行かなくてもいいんですか?
    心理室から「モモの部屋」へ 18

    相談の場で子どもたちが教えてくれたこと
    心理室で子どもたちの具合がよくなった 20
    一歳八ヶ月の子でも話せばわかる 22
    見えてきたのは、身体症状と学校生活との関係 25
    学校は行かなくてもいい 28
    学びは誰のためにあるのか 30
    自分の力で考えること 32
    子どものいうことを信頼する 34
    心配や悩みごとが言葉として出てくるとき 35

    なぜ、子どもを追いこむのか
    子どものことがわかりはじめるとき 38
    答えは子どもが教えてくれる 40
    人生の荷物は人に預けない 42
    「登校拒否」だった子ども時代 44
    まずは疑ってかかる 46
    自分を守ってくれたもの 48
    「いじめられている」といえない子どもたち 49
    「いい母親」を演じるプレッシャー 51
    親子が対等な関係になるために 53
    子どもから問われるのは、親の生き方 55

    II 親子の和解と修復のものがたり
    子どもの傷と周囲の気づき 58

    1 基本になること
    (1)危険な場所には近づかないこと 60
    (2)なぜ、人がこわいのかを知る 60
    (3)二度めの傷は大きな痛みをともなう 62
    (4)傷口を広げないための近道 63
    (5)親子関係の断絶を招くとき 63
    (6)不安をもちつづけたときに起きる症状 64
    (7)ゲームは命の浮き輪 65
    (8)なにか理由があるのではないか、と思いをめぐらせる 66
    (9)こだわりが強くなるとき 67
    (10)親が、日々傷つけ直していることに気づく 68
    (11)親子関係が険悪になったら 69

    2 親が変わるとき
    (12)体験を語り伝えあう 70
    (13)父親の理解で改善すること 71
    (14)体験を共有する先に 72
    (15)親の人間的な成長 73
    (16)親自身の不安の実態が明らかになる 74

    3 話を聴くこと、話をすること 
    (17)最後まで聴く 77
    (18)親にほんとうの話をするとき 78
    (19)一部始終を話せるようになるには 80
    (20)働きはじめて……過去に負った心の傷の修復 81
    (21)信頼の基本 83
    (22)夫の話をよく聴けるようになる 84
    (23)「なにを迷っているの?」という問いかけを 85
    (24)つらい思い出を語る 87
    (25)だから、話の腰を折らない 89
    (26)傷ついた隣人の話を聴く距離感で 91
    (27)心の傷が回復するということ 92
    (28)専門家に委ねなくても 94
    (29)和解のとき 95
    (30)助け舟はいらない 96

    4 親が心すること
    (31)必要なのは、屋根と寝床と食事、そして時間 98
    (32)医療に頼ることで起こるのは  100
    (33)発達障害という誤解 101
    (34)薬を知る 102
    (35)「助けて」をいわない子への注意 103
    (36)「NO」をしっかり受けとめる 105

    III 子どもたちの抵抗と母親たちの連帯
    ──不登校をめぐる歴史から
    「命が大事」という原点 108
    「親の会」が広がる ─親が子どもの側にいた時代 110
    親同士、「親の会」同士がつながり学ぶ時間 111
    教育行政がつくる「親の会」と相談のルート 113
    親たちが教育行政にとりこまれて 115
    「心の居場所」だった保健室は 117
    専門家は権力に奉仕する 118
    人間として学校を「休む権利」 119
    「教育機会確保法」の問題点──自殺する子は減ったか 120
    「教育機会確保法」の問題点──ほんらいの子どもの権利を明示したか 122
    「教育機会確保法」の問題点──貧困、障害のある子も安心して学べるか 123
    ホームエデュケーション─家庭の学校化への懸念 125

    おわりに
    ひきこもるくらしから獲得する「生きる学力」 128

    解説
    「寄り添う覚悟」をする「勇気」と「幸せ」を育てるために 132
    岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)

    Oha通信
    不登校のあとの暮らし方──「働く」までのまわり道(1) 138
    高校へ行かなかった私
    ・・・