本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

トーキングヘッズ叢書(TH Series)

トーキングヘッズ叢書(TH Series)

No.82
雑誌
出版社:アトリエサード
発売日: 2020年04月30日
発行間隔: 1,4,7,10月の31日
  • 価格(税込):1,528円   
  • ポイント:7pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    アートや文学などを、現代の時代状況も見据えながら、独自の切り口で紹介・解題します。

    商品紹介

    ゴシック、エロス、頽廃、耽美、ドール、前衛などを切り口に、アートや文学・映画・ダンスなど、さまざまなジャンルを横断するテーママガジンです。コンビニ化・画一化が進む社会において、見逃され、見捨てられてしまっているものも数多く、ですがその中にも、価値あるもの、心揺り動かされるものも少なくありません。そしてそれらは、ときに、時代を変革する新しいイマジネーションを秘めているものです。そのような感性をすくい上げていく、異端芸術を愛でる者たちのための季刊誌です。

    目次

    ■与偶トークイベントレポート 《人形作家・与偶が語った、人形作りへの思い》
     〜生きててくれて、ありがとう〜
     誰もが苦しみから解放されることを、一番願っているんです●聞き手=切通理作
    ■辛しみと優しみ40●人形・文=与偶
    ■高田美苗〜死や闇へ思いを馳せる少女
    ■青木瞳〜不安や劣等感を反映させた、奇妙な寓話のような光景
    ■「處女美術館II」展〜少女が内に秘めた暗黒面
    ■阪本知プロデュース公演#2「密会-Rebuild-」〜ノイジーな音楽とダンス、耽美なヴィジュアルで病んだ世界を描く
    ■ペドロ・アルモドバル監督「ペイン・アンド・グローリー」〜心身の不調をかかえた男が再び前を向く、少々滑稽な人間模様

    ■三浦悦子の世界〈16〉[化鳥]
    ■四方山幻影話43●堀江ケニー
    ■こやまけんいち絵本館40●こやまけんいち

    ■アポローの贈り物〜梅毒をめぐる幾つかの逸話と謎●仁木稔
    ■舞踏病と死の舞踏●志賀信夫
    ■身体のメタモルフォーゼ〜舞踊家・土方巽の〈病み〉について●馬場紀衣
    ■パンデミックが生んだ寓話〜「吸血鬼ノスフェラトゥ」とペスト●べんいせい

    ■病んでいるのは、誰なのか?〜草間彌生の小説『すみれ強迫』●宮野由梨香
    ■『ジョーカー』〜「病気の人」、あるいは「父なるもの」の不在●梟木
    ■美人薄命の文化史(仮)〜誤解と偏見に満ちたミーハー的疾病論●浦野玲子
    ■病弱な少年は、なぜかくも美しく〝尊い〟のか●日原雄一

    ■近代の病からポスト近代の病へ●石和義之
    ■狂気をスペクタクル化した医師〜シャルコーのヒステリー写真●並木誠
    ■北條民雄〜療養所文学に咲いた大輪の徒花●阿澄森羅
    ■生命の深淵を窃視する〜野村芳太郎監督『震える舌』●松本寛大

    ■病と日本人〜古代の信仰から「針聞書」まで●浅尾典彦
    ■『当世病気道楽』に学ぶ病との距離感〜追悼・別役実●高槻真樹

    ■真珠とペン軸、あるいは変幻するサラマンドラ〜澁澤龍彥と病●渡邊利道
    ■闇に憑かれた作家ガブリエル・ヴィットコップ〜屍体愛好者リュシアン・Nのエロスとタナトス●馬場紀衣
    ■『ベニスに死す』〜疫病にとりつかれる精神と汚染されない美意識●釣崎清隆
    ■「The cancers at the end of time」●本橋牛乳

    ■想う病●ごとうゆりか
    ■《コミック》 DARK ALICE 33. ワーゴ●eat
    ■M氏の暗黒日記II●最合のぼる
    ■〈写と真実6〉 Memento mori●写真・文=タイナカジュンペイ
    ■一コマ漫画●岸田尚

    ■Review
    ◎エドガー・アラン・ポオ「赤死病の仮面」●梟木
    ◎ブライアン・クレイグ「いまわしき死の使い」●岡和田晃
    ◎石牟礼道子「新装版 苦海浄土」●待兼音二郎
    ◎ジョージ秋山「シャカの息子」●松本寛大
    ◎永田カビ「現実逃避してたらボロボロになった話」●日原雄一
    ◎ブランドン・クローネンバーグ監督「アンチヴァイラル」●さえ
    ◎スーザン・ソンタグ「隠喩としての病い エイズとその隠喩」●市川純 ほか

    ■立体画家 はが いちようの世界28〜エドワード・モースの店●はが いちよう

    ■TH RECOMMENDATION
    ◎「第23回岡本太郎現代芸術賞展」レポート〜膨大に積み上げられた絵画と彫刻とアニメーション、体内から湧き出す作品群に圧倒される●写真・文=ケロッピー前田
    ◎Houxo Que インタビュー〜1秒間60コマ、ランダムに放たれる16777216色の閃光! 液晶ディスプレイにペインティングする〝新しい絵画〟●写真・文=ケロッピー前田
    ◎廣瀬智央 地球はレモンのように青い〜色彩等により詩的に問いかける、廣瀬智央の大規模個展
    ◎北見隆 装幀画集「書物の幻影」〜北見隆の装幀画の集大成!
    ◎池谷雅之個展「白い恋人達」〜異様な妖艶さを放つ、突き抜けた異貌の女性像
    ◎村田兼一写真展〜神と渡り合い、祟り神を鎮める巫女的存在
    ◎土田圭介 鉛筆画展 心の旅 モノクロームの世界で描く心のカ・・・