本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

臨床心理学

臨床心理学

増刊号
雑誌
出版社:金剛出版
発売日: 2020年08月10日
発行間隔: 毎奇月10日
  • 価格(税込):2,640円   
  • ポイント:12pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    心理臨床家の専門誌!

    商品紹介

    毎号ベテラン執筆陣によるタイムリーな特集を企画。臨床心理学の第一人者による連続講座・連載コーナー・最新知見の紹介なども充実。投稿も随時受け付ける。

    目次

    1-ケアがうまれる――治癒と臨床のエスノグラフィ
    (1)文化と癒し/文化の危機/(立命館大学)森岡正芳
    (2)野生の思考――臨床知を再配置する/(十文字学園女子大学)東畑開人
    (3)あたらしい狂気の歴史――精神病理の哲学/(立命館大学)小泉義之

    2-ケアがはじまる――治癒と臨床を巡る対話
    (1)来たるべき治癒へ――ケアとキュアの交差域/森岡正芳+東畑開人+北中淳子

    3-精神の危機――わたしたちはどのような時代を生きているのか?
    (1)感情は管理しなければならない――自己のテクノロジーと感情資本主義/(広島国際学院大学)山田陽子
    (2)狂気こそ正常/(成仁病院)春日武彦
    (3)癒しは存在しない/(原宿カウンセリングセンター)信田さよ子
    (4)加速する自己啓発/(大妻女子大学)牧野智和

    4-地霊と治癒――辺境(エッジ)と局在(ローカル)にケアを求めて
    (1)言葉が癒しとつながるところ/(多摩美術大学)安藤礼二
    (2)仏教はいかに心の平安を与えたか/(健康科学大学)井上ウィマラ
    (3)日本の「頂点文化」と癒し/(筑波大学)津城寛文
    (4)霊性と治癒――多文化フィールドワークからの考察/(北海道大学)煎本 孝
    (5)東洋思想と精神療法/(広尾心理臨床相談室)森山敏文
    (6)日本の精神文化と精神医療――日本の音楽療法史から/(武蔵野中央病院)牧野英一郎

    5-歴史と記憶――時の痕跡はささやく
    (1)悲嘆を共に生きる――グリーフケア/(上智大学)島薗 進
    (2)ケアの共同体――想起と回復/(広島大学)松嶋 健
    (3)戦争の傷痕・帰還兵の回復――トラウマとアート/(一橋大学)松村美穂
    (4)紡がれる記憶――沖縄戦体験者と「見える物語綴り法」/(沖縄大学)吉川麻衣子

    6-病いと物語――実践を紡ぐ・文化を書く
    (1)物語としての病い――臨床になぜ「文化」という視点が必要なのか/(東京武蔵野病院)江口重幸
    (2)対話とポリフォニー――隔離と分断を超えるために/(兵庫県立大学)竹端 寛
    (3)集合的記憶と空間の実践/(名古屋大学)安川晴基
    (4)ラ・ボルド病院で見えたもの/(写真家)田村尚子
    (5)病いとトラウマ――韓国社会におけるがん事例を通して/(立命館大学)澤野美智子

    7-生き延びること――生活者への帰還
    (1)生きられた身体――摂食障害と回復のストーリー/(国際医療福祉大学)磯野真穂
    (2)自己治癒的コミュニティの形成/(九州大学)飯嶋秀治
    (3)アウトサイダー・アート――アール・ブリュットの力/(甲南大学)服部 正
    (4)失われた「声」を求めて――生き延びること/表現/(大阪ダルク)倉田めば
    (5)ギャンブル依存自助グループ――民間療法研究から/(大谷大学)滝口直子
    (6)当事者研究とオートエスノグラフィ――サイレント・アイヌの沈黙を照らす/(北海道大学)石原真衣
    (7)当事者の生は、専門家が去った“その後”も続く/(リカバリー)大嶋栄子