本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)

CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)

2020年2月号
雑誌
出版社:朝日出版社
雑誌コード:01633
発売日: 2020年01月06日
発行間隔: 毎月6日
  • 価格(税込):1,263円   
  • ポイント:5pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    聞ける! わかる! リスニング学習誌!3段階のステップアップ方式で、CNNを完全リスニング!

    商品紹介

    初級から上級まで幅広い英語レベルに対応出来る3段階のステップアップ方式で、CNNを完全リスニング!本誌は毎月(6日発売)、CNNで放送された英語ニュースをそのまま文字化し完全な対訳と充分な語注、解説を加えてお届けします。添付のCDを併用して学習すると、リスニングが確実にアップします。TOEICなどの試験対策やビジネスに、使える口語英語が確実に身に付く究極の英語雑誌!

    目次

    CNN ENGLISH EXPRESS 2月号
    ―――――――――――――

    ◆特集
    オリンピックイヤー到来!
    英語で語る東京2020大会

    ついに2020年、オリンピックイヤーが幕開けしました。56年ぶりの東京開催となる今年は、
    オリンピック・パラリンピックの話題で会話が盛り上がることも多いのではないでしょうか。

    そこで今回の特集は、「オリンピックの歴史」「東京2020大会の概要」
    「今大会を巡るCNNニュース」「訪日客への街角インタビュー」の4段構えでお届けします。
    競技を観戦する人、ボランティアに参加する人、海外からのお客さんを迎える人、
    オリンピックの意義について話したい人……2020年を生きるすべての国際人必読の大特集です。


    ◆スペシャル・スピーチ
    「新国立競技場」設計
    建築家 隈研吾
    「ポスト2020を見据えた都市づくり」

    2019年11月5日、日本を代表する建築家の一人、隈研吾氏が、
    自身が設計に携わった新国立競技場の竣工を目前にして、日本外国特派員協会で記者会見を行いました。

    建築家を志すきっかけとなった1964年の東京五輪にまつわる記憶から、
    2020年以降の建築に求められるものまで、世界的巨匠が、自らの建築家としての半生を振り返りました。


    ◆特別企画
    ローマ教皇、38年ぶりに来日

    カトリックの最高指導者・ローマ教皇フランシスコが初来日し、2019年11月23日から26日まで滞在しました。
    教皇の来日は1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりで、滞在中は被爆地広島、長崎を訪れ、
    東京ドームでは5万人規模のミサが行われました。
    CNNが伝えたローマ教皇訪日のニュースと、編集部も訪れた東京ドームのミサ等の取材レポを併せてお届けします。


    ◆CNN Newsmakers Today
    サンジェイ・グプタが徹底取材
    CNN名物記者が迫る医療大麻のリアル

    「カンナビジオール」、あるいはその略称の「CBD」と聞いて、ピンとくる人はまだ少ないでしょう。
    CBDとは、大麻草から抽出される成分で、マリファナに見られるような幻覚成分はなく、
    うつや不眠症の改善、リラックス効果があるなどとうたわれ、アメリカで爆発的な人気を得つつあります。

    CBD自体は合法ですが、アメリカ国内では細かな規制は州によって異なり、その上、
    十分な臨床試験も行われていません。
    明らかになっていない部分が多いので、CNNの名物記者であるサンジェイ・グプタ氏が徹底取材しました。


    ◆アンダーソン・クーパー360°
    トランプ氏のウクライナ疑惑
    弾劾調査で出た爆弾発言

    ドナルド・トランプ大統領の弾劾に関して米下院情報委員会で行われた公聴会の最終日に、
    またもや重大な証言が飛び出しました。

    2019年11月20日に行われた第5回の公聴会で特に注目を集めたのは、国家安全保障会議の欧州・
    ロシア担当上級部長のフィオナ・ヒル氏。
    今回のウクライナ問題の鍵を握るとされるソンドランド駐EU大使を称して
    「国内政治の使い走り」をしていたとやゆし、物議を醸しています。