本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
ショッピング登録・利用情報
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

MJ無線と実験

2020年8月号
雑誌
出版社:誠文堂新光社
雑誌コード:11905
発売日: 2020年07月10日
発行間隔: 毎月10日
  • 価格(税込):1,430円   
  • ポイント:6pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 5 営業日
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    自作派を中心とした高級オーディオの専門誌

    商品紹介

    1924年5月、東大正門前にある赤門ビルで誕生した『無線と実験』は1999年に創刊75周年を迎えた、ラジオ放送が開始される前年にラジオ普及のための技術誌として出発した本誌は、前年とともに、通信、音響、テレビ技術などテーマ変遷しながら、1984年に『MJ無線と実験』と改題し、オーディオ総合技術誌として現在に至っている。定評のある真空管・半導体アンプの製作記事を中心に、最新オーディオ製品の解説、高音質音楽ソフト、リスニングルーム紹介など、音楽をより洗練された機器で楽しむためのエンタテイメント月刊誌。

    目次

    【特集】真空管アンプ製作を始めよう

    8月号ではキット製作からステップアップしたい読者に向けた特集として、作りやすくシンプルな真空管アンプとして征矢進氏の21LU8シングルと長島勝氏のECL805シングルを、カラー実体配線図を使いながら工作のコツとともにご紹介しています。
    また、本年1月号の『新春特別企画。読者モニター大募集』の当選者による製品モニターレポート、金田明彦氏のNutubeハイブリットD/Aコンバーターほかを掲載しています。

    真空管アンプ製作のヒントとして、工具の使い方、配線のアイデアなどを詳細に紹介します。初心者必見です!
     真空管アンプを自作するには、回路を読み解いて配線を行う技術が必要ですが、実際のアンプの内部配線をイラスト化したカラー実体配線図があれば、回路が読めなくてもアンプを完成させることができます。

     理想的には、回路を理解して配線を考え、ハンダ付けすることでアンプが完成しますが、まずは完成する醍醐味を味わえることを優先し、そのガイドとなるのがカラー実体配線図です。

     今回は工具の使い方の基本、シールド線の端末処理などの作業を撮影し、カラーページでわかりやすく紹介しました。

     8月号の真空管アンプ製作は、特集が征矢進氏21LU8シングル4DC方式パワーアンプ、長島勝氏ECL805シングルパワーアンプで、このほか岩村保雄氏PT15シングルパワーアンプ、上野浩資氏6K6GTシングルパワーアンプ、金田明彦氏サブミニ管バッテリードライブD/Aコンバーター、秋一郎氏6V6ビーム管接続シングルアンプ解説、を収録しています。