本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

好きな著者の商品情報をメールでお届け!アーティストメール!

「なんで英語やるの?」の戦後史

《国民教育》としての英語、その伝統の成立過程
著者: 寺沢拓敬  
Mailこの作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録
書籍 
出版社:研究社出版
発売日: 2014年2月
mixiチェック
  • 価格(税込):3,080円
  • Tポイント:14pt
  • 買い物かごへ お気に入りリストへ
  • 通常 1~3日で発送
    在庫確認の結果、調達が出来ない場合がございます。
    発送の目安について

この商品の説明

私たちが受けてきた「英語」は必修教科ではなかった!必要に応じて履修すればよい選択科目だったにもかかわらず、英語は事実上の必修教科として扱われてきた。一体なぜそういう現象が起きたのかを検証しながら、国民教育としての英語教育の成立過程を分析する。「なんで英語やるの?」を問い続けてきた日本の戦後史を教育社会学的手法によって浮き彫りにして、あらためて国民教育としての英語教育の存在理由を問い直す。社会学的アプローチによる、まったく新しい実証的英語教育論の登場!

著者/アーティスト

著者: 寺沢拓敬

目次

“国民教育”としての英語教育;第1部 “国民教育”としての英語教育が生まれるとき(「事実上の必修科目」の系譜;「英語=“国民教育”」をめぐる論争史);第2部 「英語=“国民教育”」はなぜ生まれたか(高校入試・進学率上昇の影響;英語の必要性は増大したか;関係者の必修化運動;人口動態の影響;2つのジレンマ―大衆性と戦後教育思想;「社会の要求」の読み替えと「教養」言説;正しい英語学習vs.社会の要求);自明性の起源と新たな英語教育目的論の創出に向けて

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:285p
  • 大きさ:21cm(A5)
  • 出版社:研究社出版
  • ISBN-10:4327410888
  • ISBN-13:9784327410889

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミックの価格表示について

本サイト上で表示されている商品の価格(以下「表示価格」といいます)は、本サイト上で当該商品の表示を開始した時点の価格となります。

この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。

利用者が実際に商品を購入するために支払う金額は、ご利用されるサービスに応じて異なりますので、

詳しくはオンラインショッピングサービス利用規約をご確認ください。

なお、価格変動による補填、値引き等は一切行っておりません。

 

■オンラインショッピングサービス利用規約

(1) 宅配サービス:第2章【宅配サービス】第6条において定めます。

(2) TOLピックアップサービス:第3章【TOLピックアップサービス】第12条において定めます。

 

サイト表記の書籍カバーについて

書籍のカバーは、期間限定で変更する場合がございます。

そのためサイト上で表記されたものとお届けした作品のカバーが異なる場合がございます。

カバー違いによる交換は行っておりません。