本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD/音楽DVD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

フランシス・ベイコン・インタヴュー

ちくま学芸文庫
著者: デイヴィッド・シルヴェスター   訳者: 小林等  
Mailこの作品のアーティストの関連作をお届け!アーティストメール登録
書籍 
出版社:筑摩書房
発売日: 2018年6月
mixiチェック
  • 価格(税込):1,430円

この商品の説明

歪んだ人物の顔、強烈な色彩。混沌を極めたアトリエから生み出されるベイコンの三幅対(トリプティック)は、特異な秩序をもって観る者に訴えかけてくる―「写実主義の崖っぷちを歩いているような絵を描きたいのです」。ベイコンが絵画を通じて表現しようとしたのは、まさに残酷なまでの生々しい現実だった―「芸術作品が残酷に見えるのは、現実が残酷だからです」。20世紀を代表する画家フランシス・ベイコンが自身の過去や制作過程について語った貴重な対談集『肉への慈悲』、待望の文庫化。

著者/アーティスト

著者: デイヴィッド・シルヴェスター訳者: 小林等

目次

インタヴュー1(1962年)写実主義の崖っぷちを歩いているような絵を描きたいのです。;インタヴュー2(1966年)私のかねてからの願いは、大勢の人物が登場するにもかかわらず物語を伴わない絵を描きたいということなのです。;インタヴュー3(1971・73年)重要なのは隔たりです。絵が見る者から遠ざけられることです。;インタヴュー4(1974年)不公正は人生の本質だと思います。;インタヴュー5(1975年)自分は今ここにいるけど、存在しているのはほんの一瞬であって、壁にとまっている蠅のようにたちまちはたかれてしまうのだ、という事実をです。;インタヴュー6(1979年)「明日が来ては去り、また明日が来ては去り、そしてまた明日が来る」;インタヴュー7(1979年)偶然によって有機的な絵の土台が形成されると、自分の批評的な側面が活動を始め、その土台をさらに発展させていけるのです。;インタヴュー8(1982年)絵画にはもう自然主義的なリアリズムなどありえないのですから、新たなリアリズムを創造して、古いリアリズムを洗い流し、神経組織に直接伝わるようなものにするべきなのです。;インタヴュー9(1984年)芸術作品が残酷に見えるのは、現実が残酷だからです。

商品仕様

  • アイテム名:書籍
  • ページ数:308p
  • 大きさ:15cm(A6)
  • 出版社:筑摩書房
  • ISBN-10:4480098542
  • ISBN-13:9784480098542

お届けの際のご注意
▼発送時期について

BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。

また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。

なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


▼本・コミックの価格表示について

本サイト上で表示されている商品の価格(以下「表示価格」といいます)は、本サイト上で当該商品の表示を開始した時点の価格となります。

この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。

利用者が実際に商品を購入するために支払う金額は、ご利用されるサービスに応じて異なりますので、

詳しくはオンラインショッピングサービス利用規約をご確認ください。

なお、価格変動による補填、値引き等は一切行っておりません。

 

■オンラインショッピングサービス利用規約

(1) 宅配サービス:第2章【宅配サービス】第6条において定めます。

(2) TOLピックアップサービス:第3章【TOLピックアップサービス】第12条において定めます。



ユーザーレビュー

    フランシス・ベイコン・インタヴューへのレビューはまだ登録されていません。あなたが一番乗りのチャンス!