本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

光アライアンス

光アライアンス

2021年4月号
雑誌
出版社:日本工業出版
発売日: 2021年04月01日
発行間隔: 毎月1日
  • 価格(税込):2,178円   
  • ポイント:10pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    光技術の融合と活用のための情報ガイドブック

    商品紹介

    光技術を4つの基本アプリケーション(計測、加工・化工、伝送、情報処理)からとらえた実用的ガイドブックです。光部品、光機器・装置は、今後新規製品が増えると予想されており、このような製品動向を的確に迅速に伝えます。
    これから光分野を学ばれる方、現場サイド、技術者、経営に携わる方々に見逃せない技術誌です。

    目次

    ■特集:レーザー加工における最先端技術動向(2)
    ○高出力半導体レーザーとホットワイヤ法とを組み合わせた厚鋼板立向き溶接技術の開発/広島大学/山本 元道
    筆者等はこれまでに、低入熱溶接が可能で制御性の高いレーザー熱源と、添加ワイヤの高能率送給が可能なホットワイヤ法とを組み合わせたホットワイヤ・レーザー溶接技術の開発を行ってきた。当研究では、高出力半導体レーザーとホットワイヤ法とを組み合わせ、エレクトロガス溶接等の厚鋼板1パス立向き溶接法にかわる、新しい低入熱1パス立向き溶接プロセスの開発を行っている。本槁では、研究の途中段階ではあるが、これまでに得られた研究成果を紹介する。

    ○超短パルスレーザー誘起表面周期構造による道路構造物の着雪対策工法について/(国研)土木研究所 寒地土木研究所/櫻井 俊光・松下 拓樹・松島 哲郎/(公財)レーザー技術総合研究所/染川 智弘
    道路インフラにおける落雪対策として、超短パルスレーザー誘起表面周期構造を利用した着雪対策工法を開発している。本稿では、超親水性が付与された亜鉛めっき鋼板において着雪の融解が促進された結果について紹介する。

    ○ジルコニアへのレーザー誘起表面周期構造形成とインプラントに求められる機械強度評価/(国研)産業技術総合研究所/欠端 雅之
    超短パルスレーザー照射によるジルコニアセラミックスへの表面周期構造形成の特徴、インプラント応用に求められる性能として機械強度等を評価した。

    ○中赤外Erファイバーレーザーによるレーザー加工技術/三星ダイヤモンド工業(株)/小田 晃一・小西 大介・三澤明日香・佐原 諒・都築 聡・村上 政直/大阪大学/時田 茂樹
    発振波長2.8μmであるErファイバーレーザーをガラスに照射すると、ガラスの表面だけでなく内部まで加熱させることができる。ガラス端面にErFLを照射することで端面を丸く面取することができた。さらに、CO 2レーザーとErファイバーレーザーを同時に照射するCO 2レーザーアシストErファイバーレーザー照射により、走査速度を速めることができた。

    ○DOE(回折光学素子)を使用したレーザークラッディングの技術開発/大阪富士工業(株)/林 良彦・安積 一幸/大阪大学/阿部 信行・塚本 雅裕
    DOE(回折光学素子)を使用することにより、任意のビームプロファイル形状や強度分布を構築することができる。本稿では、DOEを使用することで熱分布による影響をさらに微調整したより高品質なクラッディングの技術開発について紹介する。

    ○産業用深紫外ピコ秒レーザーの開発と事業化/スペクトロニクス(株)/折井 庸亮・河野 健太・田中 宏基・乙津 聡夫
    IoT関連部品の微細化に伴い、非熱的微細加工の需要が高まっている。本稿では、上記加工に適応可能な深紫外ピコ秒パルスレーザーについて、長期にわたって安定に発生・利用する技術と今後の展望について紹介する。

    ○レーザー・アークハイブリッドによる異材接合技術の開発/(株)ダイヘン/恵良 哲生・玉城 怜士・浅山 智也・劉 忠杰
    輸送機器の軽量化を実現する接合技術として、合金化溶融亜鉛めっき鋼板とアルミニウム合金の接合を対象に、低入熱・極低スパッタアーク溶接法とパルスレーザをハイブリッド化した接合システムを開発した。本稿では、金属間化合物の生成抑制効果と接合強度について紹介する。

    ■解説
    ○近赤外蛍光量子ドットによるエクソソーム生体内挙動解析技術の構築/名古屋大学/湯川 博
    エクソソームは様々な細胞間コミュニケーションツールとして、生体内で広く利用されている。しかし、詳細な生体内挙動、細胞間移動などについて解析できる技術が乏しいのが現状である。本研究では、エクソソームを生体内で高感度に検出できる技術の確立を目指した。

    ■製品技術紹介
    ○光学式三次元計測器/santec(株)/大矢 正人・両澤 淳・諫本 圭史
    ○単一波長ファイバーレーザーを用いた二光子顕微鏡法の簡素化/TOPTICA Photonics AG/ マックス アイゼレ
    ○高速スキャナユニットを搭載したグリーンレーザー/(株)ニレコ/澤野 貴昭
    ○808 nmバタフ・・・