本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

地図中心

584号
雑誌
出版社:日本地図センター
発売日: 2021年05月10日
発行間隔: 毎月10日
  • 価格(税込):880円   
  • ポイント:4pt
    • Fujisanで購入
    • 発送予定時期:ご入金確認後 1~2週間
    インフォメーション
    定期購読

    この商品の説明

    地図を眺めていると、時間を忘れてしまう―地図を楽しむ月刊誌

    商品紹介

    子供の頃、地図帳を眺めて珍しい地名を探したり、遠くの街へ空想旅行をしたことはありませんか?地図中心は、そんな地図や旅が好きな方のための月刊誌です。毎号、全頁フルカラーで地図や写真を中心に、各地の自然や歴史、文化をご紹介したり、様々なテーマの地図の特徴や製作秘話、活用方法などをお届けしています。地図専門誌ならではの貴重な古地図や、最新デジタル地図情報も満載!毎月登場する多種多彩な地図をどうぞお楽しみください。

    目次

    地図中心2021年5月号 通巻584号

    「東洋文庫「江戸から東京へ-地図にみる都市の歴史」読本」

    【特集】
    東洋文庫ミュージアム企画展 江戸から東京へ-地図にみる都市の歴史 Tokyo:Memories of the City in Maps  東洋文庫 /3
    東洋文庫の概要                  東洋文庫 /4
    東洋文庫の地図コレクション            東洋文庫 /5
    近世日本を代表する出版日本図           上杉 和央 /6
    長禄江戸図 写本 書写年不明(江戸時代末頃か)  東洋文庫 /8
    慶長年中江戸図 天保11(1840)年頃書写か     東洋文庫 /10
    武州豊嶋郡江戸庄図 写本 年代不明(原図は寛永9〔1632〕年頃)     東洋文庫 /12
    徳川以前~徳川初期の江戸の町           谷口 榮 /14
    江戸大絵図 元禄年間(1688~1704) その1、その2、その3、その4   東洋文庫 /16
    デジタル化で広がる古地図の愉しみ         中村 佳史 /24
    江戸東京老舗散歩                 小島 豊美 /26
    江戸名所と俯瞰図                 渡邉 晃  /28
    明和版江戸図(大火消失場朱入) 安永(1772~80)年間、奥村喜兵衛版   東洋文庫 /30
    府郷御江戸絵図 安政年間(1854~1860)改正、高柴三雄 撰誌        東洋文庫 /32
    まちブラ的「江戸切絵図」『隅田川向嶋絵図』    佐原 滋元/34
    まちブラ的「江戸切絵図」『日本橋北内神田両国浜町明細絵図』       小林 政能 /36
    まちブラ的「江戸切絵図」『萬延改正新鐫 京橋南築地鐵炮洲絵図』     谷口 榮  /38
    New Map of Tokio 1882(明治15)年・1888(明治21)年再版、吉田晋 作、松井忠兵衛 発行      東洋文庫 /40
    New Century Map of Tokyo 1889(明治22)年発行・1901(明治34)年再版、丸善株式会社       東洋文庫 /42
    Map of Tokyo 『The Reconstruction of Tokyo(東京の復興)』に付属、東京市、1933(昭和8)年   東洋文庫 /44
    江戸四宿から見る巨大ターミナル駅の行く末     田村 圭介 /46
    駆け足で語る東京の鉄道史             今尾 恵介 /48

    新刊地形図案内               /50
    日本地図センター便り・今月新刊の見どころ! /51
    編集後記・次号予告             /52


    【次号予告】
    「地名論壇」
    地名の命名・改変は、国や地方公共団体の行政の対象であるとともに、地域住民はもとより、地域に何らかのかかわりがある人たちにとっての大きな関心事です。しかしながら、そのように関係する人たちが、適切にかかわることなく、命名・改変されるケースも多々あります。
    「地名は誰のものか」という問題提起も含め、地名とステークホルダーとのかかわりに着目しつつ、地名の命名・改変の在り方等について、広く様々な観点から専門家のみなさんに熱く論じていただきます。