本、DVD、CD、ゲームの通販 【TSUTAYA オンラインショッピング】

Tポイントの確認
マイページ(注文履歴)
お気に入りリスト
買い物かごを見る
  • HOME
  • 本/コミック
  • 雑誌
  • DVD/ブルーレイ
  • CD
  • ゲーム
  • 文具・雑貨/グッズ
  • アニメ

いつでも解約できる定期購読がおとく!最大15%OFF

 

鉄道ジャーナル

鉄道ジャーナル

2021年4月号
雑誌
出版社:成美堂出版
雑誌コード:06551
発売日: 2021年02月20日
発行間隔: 毎月21日
インフォメーション
定期購読

この商品の説明

熱心な鉄道好きや旅行好き、鉄道関連企業や交通関係の専門職の方にも支持されています。

商品紹介

「鉄道ジャーナル」は1967年(昭和42年)に創刊。伝統的な鉄道趣味の分野である車両や列車に関する情報を基本にしながら、鉄道の営業面やシステム全般、経営問題に至るまで幅広く対象とし、総合的な鉄道情報誌として、毎号、タイムリーな特集企画により編集しています。

目次

特集:凍てつく北の鉄路

○ 青函トンネル高速化
○ 最北端最後の砦孤高の一本道宗谷本線
○ 新連載一から学ぶ日本の鉄道黎明期

■ 開業(2016年)から5周年を迎える北海道新幹線ですが、青函トンネルを含む在来線共用区間では今も最高速度が抑えられ、本来の高速性を生かすことができません。
ようやくこの年末年始に速度向上のテストが実施されました。その模様とともにこの間の経緯、今後の展望をまとめました。

■ そして、北海道新幹線の延伸区間では長大トンネルを中心にすでに建設工事が始まっています。その現場を取材しました。

■ 宗谷本線はすでに旭川から北ただ一筋の鉄道です。沿線の雄大な風景はそのまま鉄道の厳しい現実を突きつけており、今春のダイヤ改正では少なくない数の駅が廃止あるいは自治体による維持管理へと移行します。
およそ250キロの長大幹線の現状をさぐります。

■ 一方、オホーツク海沿岸のローカル線が廃止されて久しいのですが、いま、網走から稚内へ至る国道238号をたどって転換バスを乗り継ぐ旅が可能です。
バスの窓から北の海を眺めると、鉄道廃止の重大な影響に思いがいたります。

■ さて、1872年に開業した日本の鉄道が、英国はじめ諸外国に頼った創業期からいかにして今日の隆盛に至ったか、それは壮大な物語です。
まもなく鉄道150年を迎えるのを好機に、鉄道史を学び直す連載をスタートさせました。